藤次郎-12

「佳宵様と私が繋がるまでどのくらいかかるでしょうか?」


「私の方は今夜中にバレる事は無いと思います。早ければ明日の食事の時でしょうね。でも、だからと言って藤次郎と繋がるとは考えにくい。わたしたちの事は誰も知らないはずだから」


「私の方はそろそろ騒ぎになるはずです。まずは敵襲から疑われて次に失踪でしょうね。私の方も佳宵様とつながる様な話は一切していないので、すぐにどうとなるとは思えませんが」


「犬の血と刀で斬った槍がどれほど効果があるか」


藤次郎は出奔する前に偽装工作をしてきたのだが、どの程度効果があるのか未知数だ。


佳宵が身体を藤次郎に預けてくる。


「おねむですか?」


「ちょっと身体は子供だけど中身は大人なのよ」


「あぁそうでした。ここまで子供になってしまうとどうも調子が狂いますね。

しかし、参りましたね。解呪の方法が全く分からない。京にでも出て聞きますか?」


「大丈夫。私に心当たりがあります。竜の一族については御所の蔵の中の書物で読んで知っています。このまま、東に向かいましょう。そこにその末裔がいるはずです」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る