伍場 三

暖かい日が続いている。時折、暑いという表現がピッタリの日が続くこともある。

霞たちが吉右衛門の屋敷に来てから1か月が過ぎていた。


今夜は吉右衛門が何やら用事があると弁慶を伴って夕餉のあと早々に居なくなった。そして、吉右衛門は出しなに、


「ああ、そうだ。今夜、二人で精退治に行ってくれな。今夜までだったんだ忘れてたよ」


そう言って居なくなった。


二人とは、霞と九郎である。


霞は静華から精の退治についてひと月かけて教わっている。九郎も吉右衛門や弁慶の指南で剣術修行をしている。二人にとっての始めての実戦だ。


「ねぇ、九郎。あんた、一か月前はただのお荷物だったけど少しは出来るようになったんでしょうね?」


弱いものに厳しい霞が明らかに不機嫌な態度を隠すことなく見せている。


「はぁ。そうおっしゃられると、あれなのですが……」


なんとも頼りない返事をする九郎に一つため息をついて


「……行くよ」


きつめの視線を向けたまま霞は九郎を伴って館を出た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る