三十一日間のカノジョ

作者 音乃色助

54

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

すごく新鮮でした。
なんだろう、これで充分キュンと来てじーんとなれるのはひとえに作者様のセンスでしょうね。
ほぼ会話のみでテンポよく駆け抜けていきますが、毎話キラーフレーズがあって、鮮烈な印象を受けました。
トンカツのステマかなと思うほど、今トンカツが食べたいです。
ラストはキュンと来ましたねぇ。やっぱこういうのですわ。ラブコメって。

★★★ Excellent!!!

主人公は『三十一日間限定で付き合わないか』とカノジョに提案されます。

冒頭がこのように始まるので、なんで三十一日間限定なんだろう? とドキドキしながら読み始めました。

そうしたら小気味の良かったり、キュンキュンだったりと二人の掛け合いが楽しくてどんどん読み進めてしまいました。
で、あっという間に三十一日がやってきて……

セリフ多めですが、ちゃんと物語として成り立っているところがすごいと思います!
小説を読み慣れていない人にもオススメ出来る作品です☆

★★★ Excellent!!!

 この短編には、対面式ならではの笑いが詰まっています。でも、それだけじゃないんです。
 なぜ31日間限定なのか。それは、不思議な彼女と不思議な1ヵ月を過ごす中で明らかになっていきます。

 高校生カップルの青春を気軽に追体験したい方は、ぜひ一読を!
 あと、とんかつはしっかり噛みましょう。