ふたりのはる

作者 月宮雫

そのうつくしい世界で、ふたりはただ、春を待っていた

  • ★★★ Excellent!!!


『血』は強い『繋がり』を生むという。
この物語の主人公はそれを超越した『絆』
で結ばれた2人の≪はる≫という青年だ。

どこをどうとっても笑えない『苦しみ』
を伴うこの物語で、なぜ、笑みが溢れる
のだろう。

この世界では、全ての常識が初っ端から
崩壊していることに、読み始めたときは
気づいていたかどうかも、もう考えられ
ない。
それは、この2人の関係性があまりにも
流麗な文章で、美しく、尊いものとして
描かれているからだろう。我々読者は、
この、何にも脅かせない神聖さをまとう
2人の幸せを祈るよう、誘導されている
のだろうか?わからない。そんなのは、
この作品においては些末ごとだ。

正常な思考がずぶずぶと支配されていく。
それは恐怖ではなく、むしろ快感に近い。

中毒性の高さに、もはや理性を失いかね
ない極上の作品である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

香原 翼さんの他のおすすめレビュー 121