あぶくのヒステ

作者 Kaim

93

33人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

実際には存在しない病気なんですよ。
だけど容易に想像できちゃう。
その時に考えるであろうこととか、自分が取るであろう行動とか、その結果とか、想像できちゃうんですよ。
そうなりたくないと思っても、ぜったいなるって自信ある。
だから怖い。
リアルなんです。恐ろしいほどリアル。
今の、この現代に、普通にいろいろな形で存在する「あぶく」、それは私には見えなくても誰かには見える。また誰かに見えなくても私には見える。その人の生きてきた環境や、現在置かれている状況で違うんだけれど、確実にそこにある。
だから怖い。(二回目)
怖くて、哀しくて、やっぱり怖い。
凄いものを読んじゃった……。

★★★ Excellent!!!

 キャッチコピーが良いと思った。印象に残る。  
 タイトルをインパクトの面で食ってて、思い出そうとするとまずキャッチコピーの方が浮かぶ。紹介文がないのは個人的には良いと思った。コンテストという面から見るとあった方が良いと思うが、読者としては作品を縮小コピーしただけの説明が載るくらいなら無いほうがいい。
 本文冒頭は、同じような内容の話を何度かされている気分になった。「そういう病なのは分かった」と思っても、まだ説明が続く感じ。病の症状とそれによって発生する人生上の問題や感情面での悲劇性が述べられているが、冒頭の段階だと「まあ記憶なくなる(ようになる)ならそうだろうな」という読者の印象を超えたり裏切るものがないので、同じ話をされている気分になる。
 また、言い直しの文章は、一言で言い切ってくれたらいいのにと感じた。記憶がなくなる事となくなるようになるでは意味が違うが、一度前者を頭に入れた直後にそれを否定されて、認識をなおさなくてはならなくなった。
 記憶に関する物語はたくさんあるので、それについての新しい視点や一般的なイメージとは異なる情報がほしいと思った。