能力が存在する世界で僕は......。

作者 ゼロ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第23話 一章の主な登場人物紹介へのコメント

    白崎さんの能力が好み。多様性もあるし、デメリットを無視して、能力を暴走させたら盛り上がる展開になりそう。リスクが力とトレードオフでかっこいい。あと、『そん剣』→『その剣』の誤字?

    作者からの返信

    纏現夢壌反素叢獄@ユキナ応援中 さん
    コメントありがとうございます!

    誤字の報告ありがとうございます! そんなミスをするアホは誰ですかねぇ(すっとぼけ)

    白崎さんの能力は多様性があり強力ですが、主人公の零二と同じ協力な能力にはそれ相応のデメリットが存在することが多いです。能力が暴走したら更にヤバイことになりますが、暴走したら本人はどうなるんでしょうかねぇ。

    2021年2月12日 21:34 編集済

  • 第24話 閑話 二人のお菓子作りへのコメント

    溺愛物語。一応、兄妹だけど数年後はできあがってそう。いいものを見た。

    作者からの返信

    纏現夢壌反素叢獄@ユキナ応援中 さん
    コメントありがとうございます!

    二人が結ばれるのかは作者である僕ですら判りませんが、出来たらifの世界線で書いてみたいです。なのでお楽しみに

    2021年2月12日 21:31

  • 第10話 いろんな意味で逃げられなかったへのコメント

    ジレイスさんの部下もしくは仲間がでてきて、組織みたいなのが伺え,面白くなってきた感じ。スカウトしにくる流れが予想外で良かった。能力否定を考える零二がどうでるのかちょっとワクワク。普通にNOを突きつけるのか、遠慮深謀で何か策を打つのか、相手を知るために話だけ聞くのか、次話は期待。

    作者からの返信

    纏現夢壌反素叢獄@ユキナ応援中 さん
    コメントありがとうございます!

    まぁバリバリ敵対行動とってたのに、スカウトに来たら驚きますよね。
    零二の返答に関してはお楽しみに

    2020年12月13日 23:41

  • 第4話 自身のことを神と名乗る人物に胡…へのコメント

    こんばんは、です。
    ふむふむ、と頷きながら最新話まで拝読させていただきました。
    能力の存在が『誤認』されているのを無かった事にされている世界で、ただ一人この世界の在り方に『疑問』を感じる主人公は、ある意味では孤独と云うか、孤高ともいえるのかな、と。
    【神vs神】の構図の直接対決にならず、その眷属(能力を付与した人間)を使う理由など興味が尽きません。
    ≪異能≫は好きなので、今後どんな能力が出てくるか楽しみにしています。
    それでは、このあたりで失礼致します。

    作者からの返信

    緋村 真実 さん

    コメントありがとうございます!

     正確には、能力が存在している事が当たり前だと『誤認』させられています。
     やはりどの世界でも当たり前という言葉に疑問を持つ人は存在します。この世界では能力が存在することが当たり前で、主人公は過去の出来事から能力が存在することを嫌い、存在に疑問を持っています。この小説は主人公が能力を世界から消すことを目的とした物語です。
     能力に関してはお楽しみにしていてください!

    2020年12月1日 22:24 編集済

  • 第4話 自身のことを神と名乗る人物に胡…へのコメント

    『カク』デビューおめでとうございます!

    続き、楽しみにしてます(`・ω・´)シャキーン

    作者からの返信

    からすけ先生
    コメントありがとうございます!

    カクヨムに投稿するかもって宣言したのが大体6月頃で、今は11月。やはり前もって宣言するのはよくないですね(汗

    続き何ですが今必死に書いてる途中です。なのでもう少々お待ちください!

    2020年11月25日 16:22

  • すべてのエピソード 5
  • 第1話 能力者が存在する世界で僕は生きている
  • 第2話 義妹は最高に可愛い。異論は認めない
  • 第3話 手下に戦いを任せる奴ほど最後は呆気ない
  • 第4話 自身のことを神と名乗る人物に胡散臭くない奴はいない 2
  • 第5話 その日出会った相手に義妹を取られたら兄の立つ瀬がない
  • 第6話 大事な話の途中でふざけたことを言う奴は許さない
  • 第7話 いつも通りの日常は突然終わるもの
  • 第8話 正義の味方も偶には助けられる事がある
  • 第9話 強そうな敵も主人公と戦ったら大抵の奴は雑魚になる
  • 第10話 いろんな意味で逃げられなかった 1
  • 第11話 人には絶対に逆鱗が存在する
  • 第12話 主人公達が日常を過ごしているときに大抵闇は蠢く
  • 第13話 敵が主人公だけを狙うとは誰も言っていない
  • 第14話 やっぱり神様は凄いわ
  • 第15話 女の子が辱しめるやつは許さない
  • 第16話 危機的状況で覚醒するのは主人公だけではない
  • 第17話 覚醒した直後って何でも出来そうに思うよね
  • 第18話 最強 対 最悪 1
  • 第19話 最強 対 最悪 2
  • 第20話 最強 対 最悪 決着
  • 第21話 自分が忘れてほしいことは大抵他人は覚えてる
  • 第22話 エピローグみたいな何か
  • 第23話 一章の主な登場人物紹介 1
  • 第24話 閑話 二人のお菓子作り 1