5分探偵 洋琴殺人事件

作者 坂井令和(れいな)

201

69人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


本格ミステリなのに、軽快なテンポで話が進んで行くので、すっかり虜になってしまいました。残念ながら私の推理は外れてしまいましたが、読んだ後に「あーやられた! でも、楽しかった!」と思わず口走ってしまいました。


決め台詞は、

「面白い。その謎、5分で解いて見せよう」

★★★ Excellent!!!

「絶対参加型ミステリー」というジャンルを進呈したいと思いました!

総じて読者が犯人を推測しながら進んで行くのがミステリーかと思いますが、有無を言わせぬ勢いと、登場人物が限られているので、わたしにも解決できるかも?という期待から、まるで現場にいるがごとく読者が参加を強いられる凄まじい引力の作品です・笑。
(一気に語ったら、ぜぇぜぇ)

たった6千文字。
なのに、いやぁ、すごいですね。
いろいろ考えてるうちに終盤になり、登場人物の会話が秒単位で繰り広げられているのに翻弄され……犯人を推測する間もなく完結・笑。

最高に楽しませていただきました、このレビューを書く時間も楽しかったです!^-^

★★★ Excellent!!!

作中で探偵が5分間で謎解きをする。そのあいだに、我々読者も一緒に謎解きに挑戦する。そんな作品です。

読むのも5分くらいで終わる短編ですが、キャラがいきいきしていて楽しいです。
ミステリー部門も、真剣考えたくなる本格派。頑張って推理したけど、まんまと騙されました。

連作短編みたいにしてシリーズ化したら、すごくおもしろそう。
というか、テレ東の深夜で15分くらいのドラマになっても、めちゃくちゃおもしろそう。
おすすめです!

★★★ Excellent!!!

ヒントは全部読者に与えられているのに、最後は「やられたー」となります。
もちろん良い意味で。
前半で示された要素を冷静に検証できれば、おのずと答えは出るはず、なのでぜひ挑戦してみてください。
知識が必要な部分もありますが、それも筆者様の博識さがなせるわざ。
謎解きにこだわらず、気持ちよくアリバイトリックに欺かれながら読むのも、もちろん楽しいと思います!

★★★ Excellent!!!

ライバル五右衛門が挑戦状として持ってきた難事件を五分間で解決してしまう名探偵を描いた短編ミステリーです。

その探偵はピアノを弾きながら推理を考える。
そしてその間助手は迷推理を繰り出しまくる!!

読んでいるこちらがこれを読む時間も五分くらい(のはず)。

事件を解決するのは自分か・探偵か・助手か、はたまた挑戦者(五右衛門)が勝つのか。

短編だけど読みごたえはたっぷりです。
シリーズ化してほしいです!!

★★★ Excellent!!!

ミステリーとして面白いだけじゃなく、演出も上手いから楽しく読めました。
読者側も5分という制限がつけられていると思って読んでしまい、推理を焦らされます。
でも、それも作者様の戦略か……

ラストはもうね、してやられたというか。
答えを聞いたらこれしかないと思ってしまう解答。

コメディっぽく展開しているから、余計わからなかったくやしさが倍増しました。
短編でこれだけ面白いのはなかなかないですね。
楽しませてもらいました。

★★★ Excellent!!!

「今回はアリバイ系のミステリだ」

そう言って五分一探偵は謎を突き付けられます。
それに対して五分一探偵は

「面白い。その謎、5分で解いて見せよう」

と返します。このキメ台詞カッコイイ……!

そして5分で終わる曲をピアノで演奏しながら、本当に謎を解いてしまうのです。

一瞬で読めるのに、内容は本格ミステリでした。
容疑者は3人しかいないのに、私はまったくわかりませんでした。

五分一探偵凄い!

助手さんのダメダメさ加減も面白かったです。巨乳無実(笑)

★★★ Excellent!!!

探偵のもとに持ち込まれた謎を登場人物と同じ情報をもらった上で、自分でも謎の解明に取り組めるタイプのミステリーです。

ピアノ教室の先生を殺害した犯人は誰なのか……
推理してみましょう!

ちなみに、私は外れました☆

約6千文字ですので、手軽に空き時間に楽しめる作品です!

★★★ Excellent!!!

趣味で洋琴(ピアノ)を弾く五分一(ごぶいち)探偵。
彼に仕える「わたし」。
ふたりのもとに、五分一探偵の永遠のライバルと名乗る五右衛問(ごえもん)がやってきて、『5分問題 洋琴殺人事件』を提示。
はたして天啓のひらめきは何回、起こるでしょうか。
意外な凶器。スピーディーな推理に目を奪われます。
ラフマニノフの『音の絵』作品39-5を聴きながら、是非どうぞ。

★★★ Excellent!!!

 5分で事件を解決!の5分探偵シリーズ。ただし、ギャランティーは発生していない。

 今回はピアノに頭を挟まれて死んだピアノ講師の事件。容疑者全員にはアリバイがある。

 5分探偵の見事な推理。そして、それ以上ともいえるピアノ演奏の超絶技巧。

 どんな謎も、彼には5分で十分!
 

★★★ Excellent!!!

現実の事件ではありません。
問題をもってやってきます、自称ライバル。
今回はアリバイ崩しの謎。
殺人事件が起きて、容疑者は全員アリバイがある。
もちろん容疑者の中に犯人はいる!
ウソはないけれど、ごまかしはあるタイプの謎ですな。
さあ、5分で解いてもらおう、勝負だ。
で、探偵はピアノを弾き始めます。なんで?
なぜか、ピアノを弾きながら推理し、解決までします。
ああ、もう残り15秒!

★★★ Excellent!!!

作者の他作品から再び出演、「五分探偵」の出番です!

ライバルの五右衛門から出題される五分推理問題に挑戦する、探偵と助手。
五分推理ということで、コンパクトな内容ですが時間制限があり、早押しクイズのような緊張感。
五右衛門との問答が軽快で楽しいです。
特に核心に迫るラストは早口であっという間!(ドラマ化されたらこの辺楽しいだろうな〜)
のんびり構えてたら置いていかれてしまいます。

小説でありながら、本当に時間に追われるような緊張感。
病みつきになります♬