望まれて婚約した聖女ですが、「彼と本当に愛し合っていたのは私」と幼なじみに突きつけられ、敵国の王太子からは結婚を迫られています

作者 永野水貴

11

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?