妹姫は護りたい!〜おひめさまの騎士道〜

作者 エカテリーネ安田

48

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ハリポタ要素もあり、
妖精ものファンタジーもあり、
続きが気になりまくりのストーリー!

血の繋がりのない兄妹愛、
血の繋がりのある家族愛、
妖精と人間との愛、人と人との愛……等。
愛の形は、さまざま。
だけど、そのどの形にも正解はなく、
それぞれの想いが彩られている。

甘く切なく、ときにコミカルに!
人々の葛藤や揺れ、想いを堪能あれ!!

★★★ Excellent!!!


僕が特に唸ったのは、ハッピー・バースデイ。
ここでの細かい描写が、解釈一致過ぎて震えました。

要は記憶喪失のシーンがあるのですが、知らない言葉への反芻、大切な家族を忘れた辛さ、忘れてしまった相手への申し訳なさ、そして、それに対する家族の対応等。

ここを読むだけでも、作者の感性が“本物”だと気付くのは無理なく、この時点で、抱いた感銘を共有したくてレビュー書く事を決めていたくらいです。

僕の拙い語彙だと、後々の展開のいい所を伝えきれないのですが、

あえてキャラ紹介を見ないで、本文に入ってみて下さい。
紹介なくても、その人物像がセリフや立ち回りだけでわかります。
騙されたと思って、そう見てみてください。
やばかったです。