面影のある顔は移動を阻む(140字小説)

作者 塩塚不二夫