バー“至高の原石”へようこそ

作者 白珠ゆうり

59

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

1話で一つのカクテルの酒言葉を紹介しています。

実際に存在するカクテルから、作者のイメージなのか、それぞれ物語を作り酒言葉を紹介しています。

その発想力が素晴らしいし、物語もそれぞれ面白いです。

うまく説明できないけど、この独特な不思議な感じがすごく好き。

これこそまさにファンタジーなんじゃないかなって思ったります。

★★★ Excellent!!!

カクテルネームの数だけエピソードが増えていく——まず、それが凄いです。
一話完結スタイルなので、好きなお酒をピックして摘み読みするのも良し、
作品のタイトルどおり、見る人によって異なるキラリと光るお気に入りをじっくりと読み探すのも良し、という醍醐味があります。

★★★ Excellent!!!

「ポートミスト」の酒言葉をもじって、ひとこと紹介にしましたが、すべての掌編が「つながり」と「優しさ」をステアして、軽く「ウイット」と「人生の苦味」を絞ってあります。

お酒好きの人も、お酒は飲まない人も、ちょっとカウンターにとまって行きませんか? オーダーは、どれでもお好きなカクテルで。

ぽっと、胸の中があたたくなることは保証します。
時々、ほろ苦い大人のお酒もありますけど。

★★★ Excellent!!!

花には花言葉があるように、お酒の名前にも意味があるんですね。
その酒言葉を題材にショートストーリーを書いた作品です。
一話ごとに様々な物語が綴られ、読んでいると胸がホッコリします。
しかしレビューを書きたい!と思わせてくれたのはグランマルニエコスモポリタンというお酒のエピソードでした。
寒い冬に心が温かくなる物語をありがとうございます。

久しぶりに酒でも飲むかな……。

★★★ Excellent!!!

酒言葉から連想される物語を綴った連作小説。
一話一話が独立している為、好きな物語を好きな時に手軽に読めるのが魅力です。

物語の種類も様々で、ちょっぴり切なくなるお話や元気をもらえる話など、美しい小話が多彩に紡がれています。

一日が始まる朝や、一日を終える夜などに、毎日一話ずつあなたの生活に彩りを添えてみてはいかがですか?