彼と視線が合わなくて。

作者 野菜ばたけ