告白したら付き合える、という噂の子に告白しようとしてみた(未遂)

春一

第1話

 クラスに、告白したら付き合える、という噂の女の子がいる。ボブカットのとても可愛い女の子で、男子人気は高い。

 友達なんてろくにいないオレにまで知られているくらいだから、この噂は学年内では相当に有名なのだろう。

 中学三年生、五月。中二の二月下旬という半端な時期に転校してきたオレには、未だに友達はいない。学校で誰とも話さずに帰宅することも珍しくない。

 別に、そのことが悲しいということはない。一人は自由だし、誰にも気を遣う必要がないから、対人関係の余計なストレスもない。好きなものは漫画とかアニメで、ゲームにもスポーツにもさほど興味がなかったから、一人でいることで困ることもなかった。

 そんなオレだったけれど、男子のサガというか、彼女欲しいな、という漠然とした願望があった。誰を好きになったわけじゃない。ただ、女の子と仲良くなって、青春っぽいことをしてみたい。中三の受験生ではあるけれど、彼女がいて、その子と一緒に励まし合って勉強とかできたら、成績だって上がるとも思う。

 まあ、そんなことも考えながら、本当は、健全じゃないこともたくさんしたいと思っていて、煩悩が九割であったのは否めない。

 あれやこれやを出来る彼女が欲しい。いや、そういうことが出来なくても、とにかく彼女が欲しい。でも、女子と徐々に親密になって、きちんとした段階を踏んで付き合うという過程は、オレには未知過ぎた。

 だから、卑怯だとは思いつつ、「告白したら付き合える」という噂に、すがった。

 噂が本当かもわからない。しかし、告白してダメだったとしても、特に失うものはない。

 卑怯なやつだと思う。でも、冷静さを欠いていたオレは、放課後に告白を決行することにした。もしかしたら既に付き合っている人がいるかもしれないが、そのときはそのときだ。

 告白しようとしている女子、桧山明菜は、部活をしておらず、放課後にはすぐに帰宅する。後を追いかけて、タイミングを見て声をかけよう。

 放課後、桧山さんの後をつけていく。尾行しているみたいで申し訳ない気持ちになるが、今日だけだ。家までついていくとかではない。

 桧山さんが校門を抜ける。そこから少し歩くと、生徒の姿もまばらになる。

 コンビニの前、信号待ちをしているところで、いざ、声をかけようとする。が、オレより先に、別の男子が桧山さんに足早に近づき、話しかけた。オレは歩調を緩め、その声に耳を澄ませる。


「ちょっといいかな?」

「んー? 何?」

「桧山さんが好きなんだ。俺と、付き合ってくれないか」

「無理。名前も知らない相手と付き合う気はないよ」


 桧山さんが大きく溜息。男子はそそくさと去っていく。好きな相手に告白したにしてはやけにあっさりしていて、悔しそうと言うより不満そう。

 同族嫌悪かもしれないけれど、同じ発想の男子を見ると無償に嫌な気持ちになった。

 こんな告白が上手くいくわけもない。思い直して溜息を一つ。ただの通りすがりを装って去ろうと思ったのだけれど。


「あ、加賀君だ。家こっちだっけ? ウチになんか用?」


 少々意地の悪いにやけ顔。オレは顔を引きつらせる。たぶん、全部見透かされている。


「……いや、ただの通りすがり」

「あ、そう? ならいいけど」

「うん……。っていうか、オレの名前、知ってるんだ?」

「はぁ? クラスメイトじゃん。知ってるよ」

「……そう、なんだ」


 オレの名前を認識している女子がいる。それだけで、妙に嬉しい。口の端が僅かにつり上がる。


「何? 選択的ぼっち君だと思ってたけど、実は不本意? 友達の作り方がわからないだけ?」

「……そういうわけでもない。友達は別に欲しくない……」

「友達「は」、ね。だけど彼女は欲しい?」


 ニヤニヤ。

 オレが悪いのだけれど、全部見透かされているこの状況は非常に辛いものがある。


「……彼女は、いたらいいなと思うよ。もちろん」

「ふぅん。じゃあ、ウチが彼女になろうか? 今、フリーだし」

「はぁ!?」


 桧山さんの意地悪な笑みは相変わらず。これは、からかわれているのか、なんなのか。

 彼女になって、と言うべきか、からかうな、と言うべきか。

 どっちが正解? いや、正解なんて考え方がおかしい。オレの気持ちは、どうなんだ?

 ここで、彼女になってよ、と言えば。もしかしたら、人生初の彼女ができるのかもしれない。そう言ってみたい気持ちがよぎる。でも、同時に、不満そうに立ち去る男子の顔もちらついた。


「……す、好きでもない相手なのに、軽々しくそういうこと言うなよ……」

「付き合い始めてから好きになってもいいと思うけどね」

「さっきは断ってたじゃないか」

「そりゃ、知らない人は断るよ。でも、加賀君はクラスメイトだし。短期間だけど見てきて、悪い人じゃないのはわかってる。ま、加賀君にそのつもりがないならいいや。ばいばーい」


 信号が青になり、桧山さんが横断歩道を渡り始める。

 オレの家はそっちではない。ここで大人しく見送るべき。桧山さんは横断歩道を渡りきり、そのまま去ろうとする。そして、信号が点滅し始める。だからなんだ。なんで焦らなきゃいけないんだ。関係ないだろ。

 そのはずなのに。


「あ、あのさ!」


 気づいたら、オレは横断歩道を渡って、桧山さんを追いかけていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る