10.プロローグ

「ここは、どこだ……?」


 薄暗い森の、ずっとずっと奥深く。

 見覚えのない静かな自然の上で、男はゆっくりと身を起こした。


 どこまでも続く暗闇の中、男は一人考える。


「私は何をしていた?」


「そもそも、私はどこから来た……?」


「私は……」


「私は、いったい────」


 大切な何かを忘れてしまったような、虚脱感と焦燥感。

 底知れぬ不安に襲われる中、それは突然現れた。



「…………ッ!?」



 男の前を横切った、煌びやかな光の塊。

 その正体は、闇夜を断つ銀色の髪であった。


 目の前には、銀色を二つに結った物静かな少女。

 薄暗く何もない森の中に、少女は一人佇んでいた。



「…………?」



 なんだこの少女は。


 男は理解が追い付かなかった。

 頭の中で何かがうごめいているのに、その正体がはっきりしない。


 他の誰とも比べられない特別な存在であると、胸の奥が訴えかけてくる妙な感覚。

 そんな彼女の存在に、男は困惑し、警戒し、そして期待した。


 彼女は危機的状況に舞い降りた天使か。それとも全ての現況を生み出した悪魔か。


 妙に気怠い身体を引きずって、男は藁にもすがる想いで少女へと近づいて行く。


 何か知っている。どんな事でもいいからこの状況を説明してほしい。

 静けさに包まれた森の中で、男の意識は目の前の少女だけを捉えていた。


 歩くたび、気怠い身体はさらに重くなる。だがそれでも、答えを知るためには。

 なんとか手が届く距離まで辿り着き、男は口を開き言葉を投げ掛けた。しかし。



「────────」



 声が、出ない。


 聞きたい事は山ほどあるのに、喉が音を発せられない。

 男は焦りながら、もう一度と問いかける。



「────……ッ!?」



 だが言葉が喉元を超える前に、首へ激痛が走る。


 思わず首筋へ手を押さえ、痛みを堪えようとする。

 妙な感覚を覚え押えた手を確認してみると、手のひらにはドロリとした気持ちの悪い液体が、べっとりと付着している事に気が付いた。


 大量の出血。自身の身体が真っ赤に染まる姿を見て、男は急速に意識を失っていく。

 怪我に気付くと同時、視界は霞み身体はフラフラと揺れ、重心を保てず崩れ落ちる。



 男は悟った。もうすぐ死んでしまうのだと。



(だ、ダメだ……。このまま意識を失っては……!!)



 すがるように男は銀髪の少女へと手を伸ばす。死から逃れるため、何も分からない状況から変わるため。そして僅かに残った希望を掴み取るために、その血に濡れた手を前に出す。


 この少女に、気付いてもらわなければ。


 赤く染まった指先が少女の足元へと触れる。瞬間、少女は視線をギロリと動かし男の姿を捉えた。



(……ッ!?)



 気付かれるのでなく、見つかった。理由は分からないが、少女と目が合い男はそう感じ取った。


 男が驚く間もなく、少女はその華奢な両手を伸ばし、地面に倒れる男の顔を包み込む。


 霞んだ視界へ、人形のように無機質な少女の顔が映る。

 宇宙を想起させる底知れぬ瞳が爛々と輝き、そして猫ののように縦に長い瞳孔が突き刺さった。


 少女の瞳を見ていると頭の中が揺れ、意識が吸い込まれるような感覚に陥る。

 視界の中の少女は、手を男の顔から血濡れた首元へと下ろし、傷口へと指を這わせた。


(…………ッ!!)



 視界がぐらりと揺れ、男は意識を失いかける。

 薄れゆく意識の中、少女の瞳だけが鮮明に脳裏へと映っていた。


 少女は何も言わず、ただひたすらに男を見つめる。


 無言のまま、じっと、ずっと、強く、強く、強く。




 そして──────。




「はっ…………!?」


 男は一人、見知らぬ世界で目を覚ます。


 無の旅人編 終わり。



 ────────────────────



この度はお読み頂きありがとうございました。物語は次章、忘却の通り魔編からが本編となります。

具体的な魔力や魔術の存在や、二人の名前も劇中で呼ばれ始めますので、良ければ次章も是非。


少しでも面白い、期待出来ると感じたら、評価☆やブックマークを押して頂けると励みになります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る