へんぺん。夢か現か ~金縛り?~

作者 神無月そぞろ

84

30人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ごらんなさい。そこに何かいませんか。

追伸:そういえば、慣れぬ場所で眠ると金縛りに遭うといいます。実際、レビュワーも旅先で遭ったことがあります。私の方に何かを招くことになると嫌ですので、これ以上は書きませんけど。皆さんも十分にお気を付けください。もちろん、慣れ親しんだところであっても、かつてそこで何かあったかなんて、人は知らないものです。それでは、みなさん。お休みなさい。

★★★ Excellent!!!

視界の切り替わり。これはホラーを題材としたゲームや映画などでよく見られる演出ですが、この作品はそれを小説でも利用できないか意欲的に挑戦したものとなっています。次から次へと切り替わるカメラ、金縛りになって横たわる自分をどこか客観的に眺めているもまた自分。

その非日常的体験がまるで遊園地のアトラクションみたいで実に面白く斬新です。
ありきたりなホラー小説に飽きてしまった貴方へ、是非!

★★★ Excellent!!!


 『ヘンペン』シリーズの作中で描かれる出来事は映画の様な明らかな恐怖が迫るものではなく、些細なものからホッとするものまで日常寄りのお話が軸です。
 だからこそ、より身近なものとしてリアルな世界観が生まれる作品だと思います。

 オカルト好きは是非とも読んで頂きたいですね〜。