主人公は冒険好きで冒険者になったのに、来る日も来る日もダンジョン制圧。ある日、その事を冒険者ギルドに抗議したら、逆に追放されました!~今さらダンジョンに魔物が溢れて大変だと言われても、もう遅いです!~

作者 アイララ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全33話

更新

  1. 久しぶりの雪山は
  2. 追放されたその理由
  3. 白のキャンパスに描く朱は
  4. 竜の心を溶かすのは
  5. そのダンジョンは危険です!
  6. 村の裏を知る者は
  7. ダンジョン探索はサクサク行かず
  8. 星の子
  9. ダンジョンの奥に潜む
  10. 魔法石は隠れ逃げ
  11. 星の子は仲間になりたい
  12. 衣替えは鱗にしたい
  13. ちょっと海まで連れてって?
  14. 綺麗な馬車を追う者は
  15. 真夏の太陽、白い砂浜、青い海
  16. 預言者の胸に光る物
  17. 夜の海に魔物は潜む
  18. 幾千の腕は海に沈む
  19. 触手と謎と地平線
  20. 出発するは船と島
  21. ランドナホテルは(名前を除けば)素晴らしい
  22. 嫌な思い出、いい思い出
  23. 最悪な選択
  24. 潮風が導き、そして驚く
  25. 宝石の力と予言の力
  26. リバイアサン
  27. 魔物の隙間は狭苦しい
  28. 私と私、そのまた私
  29. そして目指すは、その素肌
  30. 見知った顔は見たくない
  31. 戦闘は疑問と共に
  32. 宿屋の警備は強固よね?
  33. ギルドの代わりに何をする?