ロボ子さんといっしょ!

作者 MUNNIN

85

31人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

登場人物?が濃い。濃すぎる。
登場人物は主人公たち美人ロボットと地球人にそっくりな宇宙人の軍人たち、それに過疎町村の人たち。彼らがこれでもかとハチャメチャの限りを尽くす。そんなドタバタ喜劇の中で、ほろっとする話や青春のほろ苦い話がいい塩梅に出てくる。若い方だけでなく、おっさんもおばさんも楽しめる作品です。

★★★ Excellent!!!

すみません。飯テロやらグルメ小説ではありません。いや、そんな描写も出てきますけれども。

まずなんと言っても、タイトルが良い!
ひと目で「ああ、アンドロイドがらみのSFだなぁ」と推察できる! そして、その通りだ!
しかし、”ただの”SFではない!
アンドロイドが登場する近未来だろうか? そしてその世界では、こっそり地球に宇宙人が住み着いている。
そんな外宇宙からやって来た宇宙人の超科学を、様々な組織が狙っている。
近未来SFに高度テクノロジー、そして異星人と暗躍する組織、政府絡みの陰謀……。
ここまで見れば、どこかシリアスなSFストーリーを連想するだろうか。

だがしかし! そんなものは捨ててしまえ!

近未来を舞台にしたSFは勿論だが、この作品を構成する大部分が……コメディだ!
笑いあり、ほっこりあり、笑いあり、熱血あり、笑いあり、時にほろりと、そして感動、笑いがあって更に申し訳なさ程度にシリアス。それに加えて学園もの(笑)からラブストーリー(笑)となんでもござれだ。

アンドロイドも、出てくるキャラは最初こそ真面目なのに、いつの間にかポンコツになっている。でも、それが良い!
そして主人子さんは、当初こそ中身スカスカのダメ子さんですが、何故かフルウエポンをデンドロビウムを内蔵した最強アンドロイドへと変形すると言う破天荒ぶり!

作文としては、作者様のクセがすごい。時に、いきなりポンっと飛んでしまう事もある。視点の頻繁に変わっている様に思われる。
いや、実際はそんな事も無いのだが、読んでいる側にはその時そう感じてしまうのだ。
しかしそれも、慣れてくると軽妙な語り口と感じてしまうのだから不思議だ。
そして、所々に散りばめられたギャグやジョーク、作者のツッコミの数々! 病みつきです!
軽快なテンポでドンドンとストーリーが続き、気づけば最後まで読み切ってしまう。
続きが気になっ… 続きを読む