ただ寄り道するだけのはずでした

作者 秋野まろん