人間と蜘蛛

作者 中崎裕

129

45人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まだ途中までしか拝読できていませんが、
蜘蛛と人間だけの世界の始まりはとても静謐に感じました。
そこから始まる物語は壮大な創世記のようです。

無理かもしれませんが、どうかみんなが幸せになれる世界を作って欲しいと思いながら読んでいるのですが、果たしてどうなるのか…
蜘蛛がどういう道を歩んでいくのかも興味深く読み進めたいと思います。

★★★ Excellent!!!

初めまして。ご縁があり、この作品を読ませていただきました。

タイトルの通り、人間と蜘蛛のお話。それが手を替え品を替え、様々な展開へと変化していく様は、読み手を飽きさせないものがあります。

果たして、今後の人間と蜘蛛はどうなっていくのか。続きがとても楽しみです。

他の皆さまも、是非読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

この物語を読み始めると、序盤で極めて異質な印象を受けるかもしれません。
世界設定を飲み込むのに時間がかかるかもしれませんが、物語の本体は第二章から始まります。
長い時間をかけて様々な姿で出会いと別れを繰り返す登場人物の物語は、すこし珍しい魅力を与えてくれるかもしれません。

★★★ Excellent!!!

本作は人族、獣人、虫人、魚人、植物人などの種族がいる世界を舞台として、永き時を生きる蜘蛛人の女性が住処を離れ、人族の少年を保護することから始まります。
この世界では、人族は食用や奴隷として使役され、虐げられた種族でありますが、主人公には人族への偏見はなく、むしろ不思議な懐かしさを感じていました。

次第に過去の記憶が甦るとともに、世界を取り巻く様々な秘密が明らかとなってきます。
現代とは掛け離れた、まさにファンタジーと呼ぶべき世界観にあなたも魅了されること請け合いです。

★★★ Excellent!!!

誰もいない広い屋敷に記憶のない蜘蛛が一人目を覚ます。胸にある温かい感情を知りたくて屋敷の外へと導かれるように出ていくとそこは多種多様の種族が住む世界が広がっていた。

その種族の中で人族、植物族と呼ばれる者達だけは虐げられている世界。その歴史を知り、出会う人族の老人が何故自分の名前を知っていたのか? 後に出会う少年エストラ、少女イレイナの秘密とは?

人のほとんどいない独特な雰囲気を持った世界で語られる物語、主人公の曖昧な記憶の視点で語られるので一緒に霞の中を探る様な感覚を感じました。
この霞が晴れたときに見える真実を楽しみにしています。