天使の島の、最後の女王

作者 風見久遠

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全29話

更新

  1. プロローグ 世界の果ての、天使の島
  2. 自分だけは、大丈夫。
  3. 第一話 たったひとりの女王さま
  4. 変な島だと思った。
  5. 「放っておいてくれ!」
  6. おーい、キンタマ。キンタマってば。
  7. 風って、何?
  8. 第二話 女王さまの怖いもの
  9. 「じゃあ、たまちゃんは?」
  10. 「オリーブの木の染色体ってさ、人間と同じ数なんだ」
  11. 「なんでひとりだけ、カレーを頼むんですか?」
  12. 『これだから東京の人は、協調性がなくて困ります』
  13. 「だって鳩は、神さまだもん」
  14. 「情が移る前に、ここから出ていきたまえ」
  15. 第三話 飛べない鳩のジレンマ
  16. かっきーに訊けば、すぐ教えてくれるのに。
  17. 「かわいそうに」
  18. 「べつに、敬語じゃなくていいのに」
  19. 第四話 依々子ぶりっ子!
  20. 「たまちゃんにいいこと教えたげる」
  21. 「島がなくなっても、みんながいれば、歴史って終わらないだろ?」
  22. 「……実はもうひとり、死人がいてさ」
  23. 話しかけないで。同情しないで。
  24. 第五話 真実
  25. 「この景色が終わりじゃないと、言ったのです」
  26. 「わたし、覚えていてほしいんです」
  27. 「……あなたが死んでも、誰も救われません」
  28. 「あたしたち、長生きできないの」
  29. 「この鳩のある子たちはね、長生きできないんだ」
  30. 「お昼はまだかと、そう訊いたんです」
  31. 「俺、ちょっとまだ、よく整理できなくて……」
  32. 「でも、ちょっと……。俺には、理解できない」
  33. 第六話 終戦祭り
  34. 「だから依々子は、託す相手にお前を選んだのに!!」
  35. 今、まだ生きている人たちはこれからどうするのだろう。
  36. この世界に自分がいていい場所なんて、たぶんどこにもないのだと思う。