自分の人生をいいね、と思ったことはないけれど

作者 崇期