第5話


 小柄な体でよかったと、今程思った事はない。

 だけど、小柄な自分でもここは狭い。

 まるで、ソファーと床にプレスされているようだった。


 ソファーの隙間から、ゾンビの足が見えてきた。

 間一髪だったらしい。

 ミイラの死体が死体では無かったように、もしも血塗れのゾンビがゾンビでも血塗れでもなかったとしたら、命は助かっても私は不法侵入で訴えられるに違いない。

 そう考えると、今まで以上に私の鼓動が煩くなった。


 気を紛らわそうと、身を潜めてゾンビの足元を観察する。

 ゾンビは、部屋でも靴を履いている。

 ゾンビの歩いた軌跡は、まるでナメクジが通った跡のように、雨水でびしょ濡れになっていた。

 ゾンビはナメクジなのか。いや、靴を脱がないという事は、このゾンビもミイラと同じく、洋モノモンスターなのかもしれない。

 なんせ金髪ゾンビだ。きっとそうに違いない。

 どうやら私の灰色の脳みそが、やっと働き始めてくれたようだ。


 ゾンビはゆっくりと、何故かこちらに向かって歩いてくる。

 声が出ないように必死で口を手でおおう。

 どうしよう。心臓が破裂しそうだ。

 身体中が震える音で、ゾンビに気付かれるかもしれない。


 ゾンビが更にソファーに近付き、立ち止まる。

 さっきまで私が居た位置だ。

 そういえば、ソファーの上にはミイラが居る。

 あれはまだ、かろうじて死体にはなっていないミイラだった。

 ゾンビはミイラの息の根を止めているのだろうか。

 だけど、戦闘力ゼロの死にかけミイラを助けてあげられる程、私は強くもなければ善人でもない。

 人助けをするのはヒーローで、私がしたいのは只の探偵ごっこなのだ。

 そう自分に言い聞かせ、自分の中の僅かな良心を誤魔化した。


 ミイラを仕留め終わったのか、ゾンビがバスルームの方へ歩いていった。

 私は、この隙に逃げだそうと、ゆっくりと顔を覗かせる。


 嗚呼、マズイ。戻ってきた。

 私は急いで元の場所に首を引っ込めた。

 これじゃあ私の人生は、推理小説ではなくゾンビとミイラと亀のお伽噺になりそうだ。

 ゾンビもミイラも亀も、それなりに動きが遅くてそれなりに長く生きるだろう。

 生きているとは断言出来ないが、動いているイコール生きていると仮定すれば生きている。

 その点では同じだが、亀は、お伽噺の中では分が悪い。

 嗚呼、もうマトモな精神状態とは言いがたい。

 今すぐここから逃げ出したい。


 ゾンビが再びソファーの前にやって来る。

 ソファーが一瞬沈んで、その後、少し空間が広がった。

 これでやっと呼吸が出来る。

 私の灰色の何かが、酸素をたくさん取り入れて、より一層働いてくれるに違いない。


 ゾンビはミイラの死体を持ち上げたようだった。

 目の前の床に水が堕ちる。


 いや、違う。それは水ではなく、鮮血だった。

 私は泣きそうになる。

 歯がガタガタと煩く震える。震え過ぎて顎が痛い。


 ゾンビは死体を抱え、バスルームに消えていった。

 嗚呼、怖い。

 チェーンソーの音でも聞こえてきそうだ。


 死体とバスルームの中で、何をしているのかを想像した。

 下水口に何が流れていくのかを想像したら、苦手なスプラッタ映画を見た時のように吐き気がしてきた。


 ゾンビがまた戻ってくるのでは無いかと思い、私は未だ、動けずにいた。

 決定打をききもらさないように耳を澄ます。

 だけど、チェーンソーもノコギリの音もしない。


 いくら耳を澄ましても、水音しか聞こえない。


 ソファーの隙間から僅かに首を覗かせて、バスルームの方を観察する。

 バスルームのドアが開き、ゾンビが見えた。


 ゾンビは風呂の中でも服を着ているらしい。

 もう、血塗れのゾンビではない。

 服も靴も体も丸洗いできるなんて、何て燃費の良い生き方なのだろう。

 ここを生きて出られたら、私も今度やってみようと思ってしまった。


 ゾンビは湯気を出しながらタオルを取り、そして再び中へと戻る。


 脱出するチャンスは今しかない。


 私はソファーから這い出ると、玄関まで駆け出した。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る