【完結】聖女と悪魔:修道長マザー天神ノ宮の朝は祈りからはじまる

作者 雨 杜和orアメたぬき

神の領域、タブーに踏み込んだ先にあるものは……?

  • ★★★ Excellent!!!

ある女性の遺体が発見され、その犯人を追っていくという、続きが気になって仕方がない珠玉のストーリー。誰が、この女性を殺したのか。その目的は何なのか。

犯人を追うのは、パワハラ気質な阿久道警視と心優しい相棒の雪乃。そして、犯人を捕まえるカギを握るのは、修道長マザー天神の宮。

私が何より注目したのは、神の領域に踏み込むような、ある技術が登場する点だ。これまで、ミステリーでは取り上げられなかった分野であるように思う。人間は弱い生き物。「使ってはいけない」と分かっていたとしても、もし、自分の手が届くのなら、欲望に負けて手を出してしまうかもしれない。

そして、そのような人の弱さを包み込み、光ある方向に導いていくマザーの言葉に救われる。こんな方が近くにいたらいいのにと思わせる、素晴らしいキャラクターだ。

まるで、自分の身の回りに起こっているような緊迫感と温かさを合わせ持つストーリー。あなたも、堪能してみては?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

聖女と称される修道女。悪魔と呼ばれる警察官。そのどちらも動かなければ、この事件は解決しなかっただろう。
だからこそ――この事件は難しいと言える。
聖女か悪魔。そのどちらかの手を借りれば解決できる事件… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

聖カタリナータ初等部の敷地内にあるカトリック修道院の聖堂裏で、嵐ののちに発見された他殺体。

事件の真相究明のために、修道長のマザー天神ノ宮和子、悪魔と評される阿久道警視正、相棒的な役割の花子こと新… 続きを読む

桜井美和さんの他のおすすめレビュー 37