第17話 連携


 洞窟を進んでいくと、火に照らされたモンスターの群れが影の中から出てきた。


 「な、ビエル。こいつは一体なんだよ」


 「こいつらは、闇にすまう住人グールだ。ライカンよりも賢く、闇に隠れて襲ってくるぞ。だから君が、彼らの隠れる場所を消してくれるかな。」


 「なるほど、分かったよ! 炎弾フラマ・バレット


 僕は、グールがいた場所を広範囲に数発撃った。すると、炎の光に照らされたグールが、10匹ほど目を手で隠して出てきた。


 「さっすがアシエル ! 火矢サジタ・イグニス


 ビエルは、照らされたグール達に向け火の矢を10本放った。放たれた矢は、精確に1匹づつ頭部に刺さり一網打尽にした。


 「ふ〜アシエル がいたから楽勝だったよ。ネウスと2人の時は、両方僕がやっていたからね」


 「申し訳ない。見えないとこで素早いモンスターとなると、私が使う水の魔法は不向きでな」


 「いえいえ!僕が活躍できる場所なので、任せてください!」


 「ではお言葉に甘えて、頼みますぞ。何かあれば、私がサポートしますので安心して戦ってください」


 「おい!私もいるからな!さ、早く進むぞ。さっきの光で、モンスターに集まられると厄介な事になるからな」


 さらに洞窟を進んでいくと、開けた場所に出た。モンスターの姿もなく、とても静かだ。まるで何者かが待ち伏せをしているように……


 「ん〜まずいね。何かに、見られている気がするよ。アシエル 武器を抜いておいた方がいいよ」


 「やっぱりいるよね、僕もここは嫌な予感がするよ」


 僕たちが警戒しながら歩いていると、後方から火の玉が飛んできた。火の光で一瞬、目が眩んでしまった。さっき僕たちが使った方法でやられるとは。


 「水壁ウォータームールス


 ネウスが、瞬時に僕たちを囲むように水の壁を作った。火の玉は水の壁に当たり、二つの魔法は消しとんだ。


 「さっすがネウス、今のは少し危なかったね。きっとインプだな、彼らは潜むのが上手くて火の魔法を使ってくるよ」


 「火の魔法か……なら僕が前衛に行きます。お2人はサポートお願いします」


 「僕も、そう思ったところだよ。でも気をつけるんだよ、ランクはDだけどその中でも上位のモンスターだからね」


 「はい!まずは…… 炎弾フラマ・バレット


 僕は、左手の銃で周囲を照らしていく。


 「見つけた! 火矢サジタ・イグニス


 ビエルは、隠れていたインプに向け火の矢を1本ずつ放っていくが、インプも火の玉で相殺していく。


 「ありがとうビエル! 氷弾グラシス・バレット


 僕は右手の銃をインプに向け、5発の氷弾を撃った。しかし、インプの体は意外に小さく右足にしか当たらなかった。


 「ごめんなさい、外しました!」


 「いえ十分ですよ 水牢ウォーターカルチアム


 ネウスは、動けなくなったインプを水の牢で閉じ込めた。インプも抵抗し、魔法を唱えようとしている。もちろん水の中で、火の魔法は発動することができなく、そのまま溺れ死んだ。


 「さすがネウス〜。アシエル はもっと精度を上げないといけないな」


 「いえ、アシエル殿の魔法があってこそですよ。そもそも、重火器の精度は反動があるせいで、良くはないですからね」


 「だいぶ、慣れてはきたんだけどね、まだ小さい標的に対しては、上手くコントロールできないんだよ」


 「ま、これから慣れていけばいいさ。それにここは暗いし、良いトレーニングになると思うよ」


 「その通りですぞ。まだ1ヶ月も立っていないのに、ここまで使いこなせるアシエル 殿はよくやっていると思いますよ」


 「ありがとう、僕もっと頑張るよ!」


 「うん!それじゃ先に進もうか」


 


 インプと闘ってから1時間ほど歩いているが、モンスターの気配がなくなり襲ってくる事はなかった。僕らを警戒して離れているのか、この奥にモンスターも近づくことができない何かがいるのか……

 どちらにしても歩みを止める事はなく、さらに奥へ進んでいく。


 「ぱったり、モンスター出てこなくなったね。なんか嫌な予感がするよ」


 「ん〜どうだろう。インプ自体、この辺りでは強いモンスターだから。他のモンスターも、警戒して襲ってこないだけなんじゃないかな。こんなとこに、ケルベロスが入れるわけないしさ」


 「そうですよアシエル 殿。それに、あまり気を張りつめていると精神的に疲れてしまい、いざとゆう時に力を出せませんぞ」


 「確かにそれはよくないですね、少しリラックスします」


 このまま、何もなければ良いと思ったが。世の中そんな甘くはない、そして、嫌な予感ほど当たる。そして僕は人間になり、始めて本当の恐怖を味わう事になる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る