第15話 天使の告白

 

 日が沈んできた、夜道は危険なためボクらは夜営をすることにした。場所は、いつも感が鋭いビエルが決めてくれる。


 「もう日が暮れてきたし、今日はここで夜営を使用しよっか」


 ビエルが指差した場所は、人が3人入るスペースしかない、瓦礫の洞窟だった。

 ボクらが、その洞窟へ入るとネウスが魔法を唱え始めた。


 「そうですな 水家アクア・ドムス

 

 水家ーー アクア・ドムス  対象の周りに、薄い水の膜を貼る魔法で、ランクは1だ。防御力はないが、光を屈折させる事により外からは認識できなくなる。


 ネウスの魔法が、円を描くように僕たちを囲んでいく。

 とても綺麗な魔法で、徐々に外の景色が見えなくなり、水しか目視できなくなっていた。

 僕が、ネウスの魔法に感動していると、ビエルがどっこいしょと、言わんばかりの勢いで座った。


 「ふぅ〜疲れた〜。そういえば君、武器は大丈夫だった?ライカンに結構飛ばされていたけど」


 「はい、なんとか。グリップに掻き傷ができた程度で使う分には支障はありません」


 「それは良かったですな。武器を無くせば我々人間はモンスターに無力です。力は使えどコントロールすることはできないでしょうな」


 「それで武器を持たずに魔法を使っている人がいないんですね」


 「そうだぞ、アシエル!それでどんな時でも対応できるように、武器は2種類持っているんだ」


 「私は、サポートがメインですので、2つ武器は持ってはいません。まぁ私からしたら、ビエルが武器のようなものですね。ですので、もしビエルが負傷すれば、私は武器を持っていないも同じになってしまいます。なので、アシエル 殿がいてとても安心していますよ。ビエル1人ですと、勝手にどっかに行ってしまうので……」


 ネウスは、話を聞かずに寝てしまったビエルを、子供を見るように見ている。

 

 僕は、ネウスとたわいも無い会話をして、次の日を迎えた。


 「ウッ!!」


 僕が寝ていると、急に腹部に重さを感じた。目を開けると、笑顔のビエルが乗っていた。


 「さぁ!起きるんだアシエル !いつまでも寝てないで早く出発するぞ!」

 

 「ふぁ〜ビエルさん、おはようございます」


 「おはよう!さぁさぁ!早く起きるんだ!」


 ネウスも、もうすでに準備ができてる。僕は、結構寝てしまっていたみたいだ。


 「おはようございます、アシエル 殿。昨日は、よく寝られていましたね」


 「はい、昨日の疲れが溜まっていたみたいです」


 僕がナヨナヨしてると、ビエルに頭を指先で押された。


 「君〜。そんなんじゃケルベロスには勝てないぞ!ま、今日からは僕たちも一緒に戦うよ。そろそろ連携しながら戦うトレーニングをしよっか」

 

 「ほんとですか!?わかりました!!」


 次の日も僕たちは、デピュタへ向かうために西へ歩みを進めていく。

 8時間ほど歩くと、僕は3人の死骸が落ちているのを見つける。


 「こ、これは……」


 ビエルも遺体に気づき、近寄っていく。


 「これは、他のハンター達の死骸だ。だけど、こんな切り口は見たことがないよ。とりあえず、このままだとかわいそうだから弔ってあげようか。聖火サンク・イグニス



 聖火ーー サンク・イグニス  別名弔いの火とも呼ばれる魔法で、対象者をゆっくりと燃やす。


 ビエルが魔法を唱えると、綺麗な青の炎が遺体を包んでいく。

 

 「とても綺麗な魔法ですね、きっと彼らの魂も救われると思いますよ」


 「どうかな……君は、人や生き物が死ぬとどこにいくと思う?人間を見放した天使達のとこ?それとも、行き場がなくなり地獄へ落ちるの?本当に死んで魂になれば、救われるのかな……」


 「それは……」


 「アハハ、ごめんね変なこと言って。もうすぐでデピュタに着くから、気持ちを切り替えて進もうか!」


 僕は理解していなかった、天使が敵になったことを……彼ら人間の魂は一体どこへ向かうのか。

 みんなが無言で歩いていると、小さなまちが見えてきた。この世界に来てからまだ10日かしか立っていないのに懐かしく感じる。


 「ようやく着いたな!アシエルに、ネウスも元気がないぞ、もう疲れちゃったの?僕は武器の整備をしてくるから2人は先に宿で休んでて」


 「あ、はい。わかりました」




 ビエルの空元気を見るのはとても辛い。言葉をかけたいけど、僕は憎き天使だったんだ……一体何を言えばいい。


 僕らが宿に着いて1時間程たったが、まだビエルは戻ってこない。もう外は、日が沈んできてるのに何をしているんだろう……


 「アシエル 殿、申し訳ないのですがビエルを探しに行ってはもらえないだろうか。きっとどこかで座り込んでいると思うので」


 「僕がですか……僕に何かできるとは思わないですが……」


 「大丈夫ですよ、きっとビエルも話したいことがあると思いますので。さぁ早く行かないとまた1人でどこかに行ってしまいますよ」


 「わかりました……」


 僕はビエルを探しに街を歩いていると、夕陽に照らされオレンジ色になった川の木蔭に、ビエルが座っているのを見つけた。


 「ようやく見つけたよビエルさん、もうすぐ夕食ですよ?」


 「君か、ネウスに探して来いって言われたんでしょ?」


 「アハハ、バレちゃいました?」


 「そりゃわかるさ、もう何年も一緒にいるんだから。ネウスはね、僕の街や家族が天使に吹き飛ばされた時に、助けてくれたんだ。他人の僕を必死に抱き抱えて、天使の魔法から守ってくれたんだよ。でもその時に追った怪我のせいで身体に麻痺が残ってしまってね」


 「もしかして、武器が持てないっていうのは」


 「そう、その傷が原因なんだ。本来は、ハンターになることなんてできないのに。僕が復讐をするためにハンターになると、ネウスも必死に傷を隠しながらハンターになったんだよ。だから僕は、毎日怖くて仕方ないんだ。いつか彼は、僕のせいで死んでしまうんじゃないかって。誰かの死を見ると、ネウスの死が重なるんだ……それが怖くて、いつも彼から逃げ出してしまうんだ」


 「……」


 「ごめんね、こんなこと君に言っても仕方ないのにね」


 「ビエルさん……僕と初めて会ったときのこと覚えていますか?」


 「僕は、天使なんだ〜て言ってた時のことでしょ。忘れるわけないじゃないか」


 「そう……それです……。あのね……僕は本当に、天使なんです。ただ、僕が天使だったのは今から600年も前で、気付いたらこの世界で人間になっていました。そこでビエルさん達と会い、この世界の事を学びました。そして、僕たち天使がした誤ちも知りました。だから、なんで今こんなことを打ち明けたのかはわからない……言えば一緒にいることができなくなるのは、わかっているのに。でも、ビエルさんに嘘をついたまま一緒にいるのは、とても辛くて……同じ憎き天使なのに。」


 「アハハ。そんなこと、すぐにわかっていたさ。君は異質だし、何より嘘がつくのが下手だったからね。君は、僕が知っている天使とは違う。人間だって一緒さ、良い人もいれば悪い人もいる。すべてを一緒だとは思っていないよ。だから僕は、君のことを恨んだりはしていないよ」


 僕はなぜか、涙が止まらなかった。彼女を励ましに来たはずなのに、いつの間にか彼女に救われていた。こんなに非力で、彼女を守ることすらできない天使なのに。


 「僕がケルベロスに襲われた時、君が言ったこと覚えている?」


 「え?僕が言ったことですか」


 「そう、君が言ったことだよ。僕が傷つき、君を逃がそうとした時さ」


 「……君は、僕が必ず守ってみせる」


 「ちゃんと覚えていたんだね。なら守っておくれよ、これからも僕のことを……」


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る