第9話 戦闘


 「こ、これは一体ここで何が……」


 街を出て森を抜けると、そこには荒れた大地に半壊したビルや、木の一部となっているタイヤのない自動車。目を覆いたくなる景色が、永遠と続いていた。


 「君〜、大丈夫?まぁ、僕もこの景色を見るといつも憂鬱な気分になってしまうよ。ここからは気をつけるんだよ、モンスターの住処になっているから」


 僕は生唾を飲んだ。僕が知っている世界は、ここにはない。別に特別な感情があるわけじゃない。この世界を憎んでもいたから。ただ、これはあまりにも雑で、中途半端な世界だ。破壊されることもなく、生きていける世界でもない。天使達がこの星を、こんなにも醜い姿に変えてしまったのか……

 

 「さぁ、アシエル殿。そんなとこで立ち尽くしていると、日が暮れてしまいますぞ」


 「あ、うん……」


 僕たちは、荒れた街を東に抜けて行った。ビルには、人の姿はもちろんなく、動物の姿も見えなかった。ビエルが言うには、モンスターが住むことによって、本来この世界で生きてきた動物は、ほとんど死んでしまったそうだ。僕が今日食べた食事も、モンスターの肉だったことを後で聞き、少し気持ち悪さを感じた。

 一時間ほど歩くと、5匹の狼のようなモンスターが、僕たちの前に威嚇をしながら出てきた。

 ビエルは、すぐに警戒態勢に入り弓を構えた。


 「チッ、ライカンか。アシエル、気を付けろこいつらは人狼になって襲いかかってくるぞ」


 「な、ライカンスロープですか!?夜に出る魔獣ですよね?」


 「言い伝えはそうらしいけど、実際は昼夜問わず出てくるよ。ランクはEだけど、群れを作るから厄介なんだよ。君は少し離れて見ていてくれ」

  

 「ネウスいくよ!火矢サジタ・イグニス!!」


 火矢ーーサジタ・イグニス  火で矢を作る魔法で、ランクは1だ。一回に作れる矢の数は、人にもよるが1本から10本らしい。


 僕が離れると、ビエルはまだ変身していない1匹のライカンにむけ、5本の火の矢を放った。ライカンも、すぐに逃げようとするが3本の矢が当たり、右足が一瞬で炭のように燃え尽きていた。

 恐ろしい、その一言だ。これで低ランク魔法、しかもまだ助力を残してだ。つくづく僕が天使だと、バレなくて良かったと安堵するばかりだ。

 

 「ごめん、外した!ネウスお願い!」


 「少し焦りすぎではないですか、ビエルよ。水牢ウォーターカルチアム


 水牢ーーウォーターカルチアム  水の牢を作る魔法で、ランクは2だ。一度入ってしまえば、出ることはかなり難しい。しかし、この魔法は対象が動けない状態でないと、発動することができない。



 ネウスが、右足を負傷し動けなくなっているライカンに、魔法を唱えた。すると、ライカンの足元から大量の水が溢れ出てきた。その水は徐々に、ライカンを包み込んでいく。ライカンは、必死に逃げようとするも、水牢から出ることができずに、すぐに溺死した。

 恐ろしい。1匹のライカンが、3分も掛からず殺されてしまった。他のライカンもかなり警戒して、こちらの様子を伺っている。


 「す、すごいですね。これがハンターですか」


 「えへ。君〜、そんな目で見られると恥ずかしいじゃないか。ならとっておきを見せてあげるよ」


 「全く、あなたは本当に……水壁ウォータームールス

 

 水壁ーー ウォータームールス  厚さ10cmほどの水の壁を作る魔法で、ランクは1だ。主に火を防ぐ魔法だが、あまり強度はなく、火の魔法ですら直撃すると消し飛んでしまう。


 ビエルは、何やら集中して弓を構えている。ネウスも、何をするのか分かったのか、僕たちとライカンの間に水の壁を作った。ライカン達は、さっきの攻撃を警戒しているのか、こちらに前屈みになり威嚇している。


 「さぁいくぞ!ワンコロめ!!火の鳥アベム・イグニス


 火の鳥ーーアベム・イグニス  火の矢を鳥に変化させる魔法で、ランクは3だ。この魔法を使うためには、使用者の強さにもよるが発動するまでに時間がかかってしまう。


 ビエルが、弓を上に向け1本の矢を放つと、上空で爆発したように燃えた。そして、燃え尽きた矢が地上に向け落ちてくると、その矢に上空の炎がまとわりついていきた。その炎は、徐々に大きくなり、まるで鳥が獲物を取るかのように、鋭くライカン達目掛けて落ちてきた。


 「ふぅ〜。どうだ君〜、びっくりしたでしょ〜。これが私の十八番だよ!」


 満面の笑みで、こちらを向くビエルの後ろは、消炭しか残っていなかった。綺麗さっぱり、跡形も無いとはこのことだ。ネウスの、魔法がなかったらきっと僕たちまで消炭になっていたと思う。


 「全く、ライカン相手に使わなくてもいいじゃ無いですか。アシエル殿の見本には、全くならなかったですよ」


 「ちょっと、嬉しくてな!まぁ、いいじゃ無いか〜。まだまだモンスター達は、でてくるんだからさ!」 


 「僕は、まだいいですよ〜見て、勉強します!」


 「君〜違うよ?次は、君が戦うんだ。そのために、君をゴテゴテにしたんだからさ」


 「え……」


 こうして、ビエルのスパルタが始まった。




 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る