自分勝手なあなた、私の決意。

野菜ばたけ

第1話


貴方のせいで。

そう言われるより


貴方のために。

そう言われて傷つく事がある



「悪気は無い」って言ってても

「気を使ってる」アクションも

その背後には必ずいつも

自分勝手が見え隠れ。


気付かないって思ってた?

それはちょっと舐めすぎだよね。



「だからせめて」と、私は思う。

誰かのせいでも為(ため)でも無くて

私はきっと胸張って

「自分の為」と謳いたい。


自分で決めて責任持って

誰かに理由をなすりつけずに

貴方の事を反面教師に

私はいつでも『私』でありたい。



それはただの理想論?

そんなのもう分かってる。


それでも唱えないのなら

100%叶わないから

ただの夢だと分かってて

それでも空に叫ぶんだ。


自分の全てを絶対に

誰かのせいにはしないって。



だから貴方の刃も跳ね除けて、

私は先に踏み出すよ。


進む気なしは置いていく

貴方はそこで永遠に

嘆き続けていればいい。


「ただ私は貴方のために」

そんな空虚を一人でずっと

ただただ溢していれば良い。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

自分勝手なあなた、私の決意。 野菜ばたけ @yasaibatake

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ