「この文章と同じ、吹き出し一つ分の話を聞いてよ」

作者 笹煮 色