『タコのおかあさん』

沙波羅 或珂

『タコのおかあさん』




 タコのおかあさんは たまごをうみました


 とうめいなまくにつつまれた たくさんのちいさなたま


 ふわふわとうみにうかんで きらきらひかり まるでほうせきのようです


 ああ  やっと うまれてくれた  


 おはよう わたしの かわいいぼうやたち


 わたしがママよ




 なにもしゃべらないたまごたちを


おかあさんはおおきなはっぽんのあしで


たいせつにかかえこみ


そのすべすべしたかおにほおずりしました


 なにもしゃべらないけれど


こどもたちがよろこんでいると


おかあさんにはわかりました




 そのひからおかあさんはなにもたべず


たくさんのたまごをかかえたまま 


ずっとそこにいました



 おなかがすきましたが たまごにほおずりして


こどもたちがすこしずつおおきくなっているとわかると


きにもなりません



 まいにちまいにち そのおおきなはっぽんのあしで


こどもたちをいっぱいにかかえこみ


みずをふきかけて きれいにしました


 きらきらひかるたからものは


もっときらきらひかるようになったと


おかあさんはおもいました



 ときには そのだいじなたからものをたべようと


ほかのさかながよってきます


 おかあさんは だいじなこどもたちをまもろうと


いっしょうけんめいたたかいました


 うみのらんぼうものの うつぼもやってきましたが


おかあさんはけっしてまけませんでした


 けっきょく おかあさんのあしを


2ほんもうつぼにもっていかれてしまいましたが


おかあさんは いたくもかなしくもありません


 それよりもたいせつなたからものが こんなにたくさんあるからです






 ながいじかんが ながれました

 

 うみのけしきは なにもかわっていないのに


 おかあさんはもう うごけません


 おおきくふとかったあしも やせてきずだらけです


 でもすこしだけうごくくちで おみずをすいこみ


たまごにふきかけて きれいにしつづけました


 やがて そのうちのひとつが かすかにふるえて 


なかから とうめいなきらきらしたものが とびだしました


 ちいさい とてもとてもちいさいですが


すがたかたちは おかあさんにそっくりです


 すみをはく くちもあります


 あしもちゃんと はっぽんあります


 でもじぶんより もっとずっとりっぱだと


おかあさんはおもいました

 

 そうして  つぎつぎにうまれる たくさんのこどもたち


 やせてうごけなくなった おかあさんのまわりを


げんきいっぱいにおよぎまわり


ざらざらになったおかあさんのかおに ほおずりします


 おかあさんのめから つめたいうみのみずとはちがう


あたたかいなみだが たくさんたくさんあふれました


 わたしの たからもの わたしの ぼうや


 こんなにげんきに うまれてくれた


 こんなにきれいに そだってくれた


 かみさま ありがとうございます


 ありがとうございます かみさま




 やがて さいごまではなれなかった 


あまえんぼうのぼうやを やさしくおくりだし


まわりに だあれもいなくなると


おかあさんは ながいねむりに つきました


 にどとさめることのない えいえんのねむりに


 でもすこしも さびしくはありません


 おかあさんのこころは


それよりもずっとあたたかいナニカに


つつまれていたからです


 ほおら うみのうえを みあげてごらんなさい


 おかあさんの たからものが 


 あんなにたくさん ひかっていますよ


 

≪おしまい≫



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

『タコのおかあさん』 沙波羅 或珂 @alucasunahara

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画