たそがれのいろ

作者 早瀬翠風

昼でもなく、夜でもなく――狭間に漂う心のいろ

  • ★★★ Excellent!!!

 ジャンルとしては恋愛、です。
 女の子同士というのも、最近ではそう珍しい題材ではないでしょう。
 繊細な話はお手の物という慣れた筆致ですので、恋愛物好きだけではなく、青春物や若い葛藤を読みたい人にもオススメです。



 はっきりと色づけることが難しい年代の、割り切れない感情。
 黄昏の感傷的な雰囲気が、綺麗にラストを締めくくってくれます。
 読後感は爽やかです。

 若い恋愛なんてもう遠い過去になったという方にも、ノスタルジックな味わいが心地よいお話かもしれません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

心の声を淡い色彩で表現した叙情詩のような恋物語。
表現しがたい、明らかでない少女の心情が、黄昏の曖昧な色彩と共に美しくキャンバスに描かれて行きます。

いやはや、この素晴らしさは、ストーリーの面白さ… 続きを読む

高羽慧さんの他のおすすめレビュー 353