二十 四ッ谷署

 九月二十二日水曜。

 朝のテレビニュースで、九月二十一日火曜午後、榛名湖の北西岸に近い湖底から車が引きあげられたと報じた。車内から前橋市岩神町在住の会社員、山田吉昌二十六歳の遺体が発見され、死亡推定時刻は九月十九日日曜未明、死因は泥酔により運転操作を誤って道路から湖水に落ちたためと判断された。


 四ッ谷署の神田刑事と係長の渋谷刑事は山田吉昌の事故死が妙に気になり、群馬県警に問い合わせて死因と身元を確認した。

 死亡したのは会社員の山田吉昌二十六歳、帝都体大卒だ。

 昨年二〇二〇年五月十五日金曜に、四ッ谷駅で泥酔のため、線路に転落して轢断された太山守と同期だった。

 神田刑事は二人の共通点、帝都体大卒が気になった。

 太山守と山田吉昌の同期の帝都体大卒業生に、同じような急性アルコール中毒による事故死がないか調べると、長野県で似たような急性アルコール中毒による事故死があった。


 二〇二一年七月十八日日曜未明。長野市で会社員が二人、急性アルコール中毒による心不全で死亡した。死亡したのは会社員の金田太市と香野肇、二十六歳。帝都体大卒だ。長野県警の判断は事故死だった。

 同じような急性アルコール中毒による事故死は他にもあった。飲酒運転による死亡事故と、急性アルコール中毒による心不全の事故死だ。

 二〇二一年七月一日木曜未明。飲酒運転で死亡したのは鷹野秀人(旧姓野田秀人)二十六歳、帝都体大中退。

 二〇二一年七月七日水曜未明。急性アルコール中毒による心不全で死亡したのは鷹野秀人の義父、鷹野良平六十七歳だった。


 神田刑事は死亡した太山守、金田太市、香野肇、山田吉昌の帝都体大卒と、鷹野秀人(旧姓野田秀人)帝都体大中退が気になって、五人の共通点がないか調べた。

 五人は大学でスキー部に所属し、鷹野秀人をのぞく四人は会社でもスキー部に所属していた。そして五人は大学在学中、札幌市で婦女暴行事件を起こしていた。主犯の鷹野秀人(旧姓野田秀人)は特に悪質だっため、懲役三年執行猶予五年を科せられ大学を中退していた。他は起訴猶予になった。

 被害者は帝都体大の後輩で、事件の影響により現在も精神病棟に入院している。快復の見込みはないという。被害者の名は木村千枝、現在二十三歳だ。

 渋谷刑事と神田刑事は沈黙した。


「係長。どう思います?」

 しばらくして神田刑事が係長・渋谷刑事に訊いた。

「何のことだ?」

「五人の事故死ですよ!全員の共通点があるでしょう?」

「太山守の死因に不自然なところがあったか?それを立証できるか?

 俺もお前と同じに不審に思ってた。今もそうだ。だが、立証はできなかった。

 群馬県警も長野県警も、考えてることは同じだったはずだ・・・・」


「プロの犯行ですか?」

「そうだろうな。婦女暴行の被害者に訊いても、何もわからないだろう。

 いいか。よけいな事はするな。命令だ。破ったら派出所勤務に降格させるか首だぞ!」

 係長の渋谷刑事はいらついて神田刑事にそう言った。

 どう表現していいかわからない腹立たしさが渋谷刑事の心に湧いていた。それは犯罪者を捕まえようとか、犯罪を防止しようという気持ちではなかった。犯罪を犯した者の人権保護などを謳い文句にして、被害者を見捨てたまま、犯罪者を野放しにしている社会に対する腹立たしさであり、怒りだった。


「被害者に連絡しません。その代り、死亡した者たちが関係していた婦女暴行事件を調べていいですか?」

 神田刑事がそういうと渋谷刑事は神田刑事が何をしたいのかわかった。

「暴行事件を起こした者で、次に死亡する者を見つける気か?」

「はい・・・」

「やめろ。今、追っている事件を優先しろ」

 現在、渋谷刑事と神田刑事は管内の暴行殺人事件を捜査している。

「わかりました・・・」


 神田刑事の声を聞き、渋谷刑事はほっとした。

 この気持ちはなんだ?俺は婦女暴行に加わった者たちが抹殺されるのを望んでいるのか・・・・。

 渋谷刑事の頬にふっと笑みが浮んだ。 

 そうだな。俺はそう望んでる。加害者は罰を受ければ罪が消えたように思っているが、被害者にはいつまでも被害の記憶が残る。加害者が社会でのうのうと生きているとなればなおさらだ。

 加害者が世の中から消えれば、少しばかりは被害者の心が晴れるかも知れない・・・。

 そんなことを考える渋谷刑事は、いつのまにか神田刑事の考えを思いかえしていた。


 たしかに婦女暴行事件に関わった者たちすべてを調べ、生きている者たちを監視すれば、次に誰が被害を受けるか推測できるだろう。そのためにはくわしい資料が必要だ。

 婦女暴行事件の真相は北海道警に問い合わせなければならないが、協力を仰げば、四ッ谷署だけで動いているのが明るみに出る。道警から警視庁に問い合わせが来たら、俺は上層部へ何と説明する?

 上層部は、俺が神田に話したことをそのまま俺に突きつけるだけだ。

 次の被害者が都内で出ることがあるだろうか?神田にああ言った手前、そのときまで、この件は棚上げにしよう・・・。

 四ッ谷署の係長・渋谷刑事は、現在追っている暴行殺人事件へ気持ちを切り換えた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る