十九 事故報道

 九月二十一日火曜、午後。

 榛名湖の北西岸に近い湖底から車が引きあげられて、運転していた山田吉昌の死亡が確認された。死因は、泥酔のあげくに運転を誤って道路から湖水に落ちた事故で、死亡推定時刻は、九月十九日日曜の未明と判断された。


 その日の夕刻。

 前橋市のアーケード街・弁天通のクラブ・グレースは、開店前のミーティングをすませたばかりで、開店までしばらく時間があった。


「いやねえ。出先で飲まなくたっていいのにねえ。最近の若い人は、何考えてんのかしら。

 飲んだら乗るな、乗るなら飲むなよねえ」

 ボックス席のスツールに座る高橋智江子ママが、店内のディスプレイでテレビニュースを見ながら、自分のタバコに火を点けた。 

「二十六歳よ。どうせ飲むなら、家で飲めばいいのにねえ・・・」

 ニュースは、榛名湖に転落した車の事故について報道している。

 死亡したのは、前橋市岩神町在住の、地元電気会社に勤務する山田吉昌二十六歳だ。車中から大量の酒類容器が見つかり、死因は泥酔による事故で溺死と判断されたと報道している。


 バーカウンターの中にいる佐枝は、グラスを布で磨きながら、高橋智江子ママの言葉に愛想笑いした。

 芳川は智江子ママの言葉を聞いていないらしく、今日の顧客の予約を確認している。


 午前〇時すぎ。

 クラブ・グレースがはねて、佐枝は歩いて十分ほどの距離にある、広瀬川の南、前橋市千代田町のマンションに帰った。


脱衣室でバーテンダーの仕事着を脱いで、クリーニングの紙袋に入れ、ワイシャツや下着を洗濯機に入れてバスルームに入った。

 シャワーコックを開いて全身に熱いシャワーを浴びると、シャワーコックを閉じてシャンプーで髪を洗い、ボディーシャンプーで身体を洗った。

 胸と下腹部に手を触れ、そっとやさしく撫でてゆく・・・。

 さえ・・。身をもって贖わせた・・・。当然の報いだ・・・。

 しばらく身体を洗うと佐枝はシャワーを浴びた。髪のシャンプーとボディーシャンプーの泡とともに 、佐枝の思いが、またひとつ流れてゆく・・・。


 シャワーコックを閉めて、佐枝はバスルームを出た。

 脱衣所でバスタオルで身体を拭き、髪に大きめのフェイスタオルを巻いてバスローブに身を包み、ダイニングキッチンへ移動した。

 パーコレーターでコーヒーをいれ、簡単な夜食を作った。


「ただいま」

 吉川が帰った。洗面所で手を洗い、ダイニングキッチンに現れた。

「お帰り。ご飯食べれる・・・」

 芳川は佐枝を抱きしめようとした。佐枝は芳川の肩を押さえた。

「あわてなくていい。シャワーしてから・・・」

「ああ、汚れを落してくる・・・」

「ゆっくり浴びてこい。飲むか?」

「ああ、飲みたい・・・」

「用意しておく・・・」

 芳川は脱衣室に入った。


 明日、九月二十二日水曜は、クラブ・グレースの定休日だ。

 ダイニングのテーブルに、グラスとローストビーフとウィスキー、野菜サラダ、ポテトサラダ、マグロのマリネ、そして、小松菜の胡麻味噌和え、笹がきした金平ゴボウ、大根の千切りツナサラダがならんだ。


「ご飯は?」

「食べる。佐枝さんも食べるだろう?」

「食べる。飲みながら・・・」

 芳川は茶碗とお碗にご飯と味噌汁をよそって、それぞれをテーブルの佐枝と芳川の前に置いた。

 佐枝がふたつのウィスキーグラスにウィスキーを注ぎ、もうふたつのグラスに水を注いで、それぞれを芳川と佐枝の前に置いた。

 ふたりはウィスキーのグラスを取り、たがいに軽くグラスを合わせて口へ運んだ。

 芳川は小皿にローストビーフをとって口へ運び、佐枝はマグロのマリネを小皿にとって口へ運んだ。

 佐枝は脂肪の少ない食材を好む。芳川も同じだが肉類も食べる。

 好みが異なると食事の準備に手間がかかるが、ふたりにその必要はない。


「佐枝さんが飲むのはめずらしいな」

「たまには飲む。明日は休みだ・・・」

 佐枝はマリネを食べながらウィスキーを飲んで考えていた。


 上毛電気(株)に勤務する山田吉昌と木原良司の住居は、前橋市岩神町の上毛電気(株)社員寮だ。山田吉昌が死亡したため、木原良司は会社からしばらく飲酒と外出を制限されるだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る