十七 遺言

 八月上旬。

 芳川は後楽園ホールのリングの上にいた。

 ゴングとともに、対戦相手とグラブを合わせた芳川は、一瞬身を後退させるといっきに相手のみぞおちへ前蹴りを入れた。秒殺だった。


 リングサイドで試合を観戦している佐枝の携帯から、メールの着信音が聞えた。メールを見ると、故人鷹野良平の遺言に関する、マダム亜紀からの詳細な説明があった。

 生前、鷹野良平はある筋を通じて、娘婿、鷹野秀人の犯罪を調べていた。そして、自分に危険がせまるのを覚悟で、犯罪に関わった者たちを調べ、彼らががどうなるべきか鷹野良平なりの結論を、遺言でマダム亜紀に伝えていた。


 リングから下りてきた芳川が通路へ歩くと、佐枝は席を立って芳川のあとを追った。



 八月下旬。

 前橋市のアーケード街の弁天通にグレースというクラブがある。

 佐枝はグレースのバーカウンターの中にいた。

 芳川はフロアマネージャーとして働いている。


 長野のクラブ・リンドウのマダム亜紀が、故人鷹野良平の遺言から、その筋を通じてふたりにグレースの仕事を斡旋したのは、グレースの経営者、高橋智江子ママも知らなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る