十五 失踪

 その日(二〇二一年七月十七日土曜)

 午後五時を過ぎても、芳川は出勤しなかった。

 時間が過ぎても、芳川の姿はリンドウになかった。

 こうなるのを予測していたらしく、亜紀は芳川の欠勤について何も話さなかった。

「客が来なかったら、十一時に閉めましょう」

 鷹野良平がなくなってから客が少なくなっている。


 午後十一時に店がはねた。

 帰ろうとする佐枝をマダム亜紀が呼びとめた。

「佐枝ちゃん。話があるの・・・」

 亜紀は店の奥のボックス席に佐枝を座らせた。

「佐枝ちゃん。芳川について、何か知らない?」

「すみません。黙っていて・・・」

 佐枝は、亜紀に口止めされた夜、芳川が語ったことを亜紀に伝えた。


「いいのよ。事前に佐枝ちゃんが私に話しても、良平さんに頼まれていたから、芳川はいろいろ探っていたはずよ。

 明日一日、様子をみましょう。月曜にどうするか、決めるわね。

 ごめんね。引き止めてしまって・・・」

 亜紀は佐枝を店の外まで送って出た。

「ねえ、佐枝ちゃん。芳川のこと、調べようなんて、考えないでね・・・。

 なんだか、佐枝ちゃんが芳川の行方を調べるような気がして、気になるのよ・・・」

「わかりました。調べません」

 佐枝はそういって亜紀にあいさつして店をあとにした。

 途中でふりかえると、亜紀は店の外で佐枝に手をふった。

 佐枝は亜紀におじぎして歩きだした。


 午前〇時前に帰宅した。

 佐枝はダイニングキッチンのテーブルに携帯を置き、位置情報の輝点を確認した。

 輝点は岩水沢一丁目の金田太市の住宅に停止したままだった。


佐枝は脱衣室へ入り、バーテンダーの仕事着を脱いで脱衣カゴに入れて、ワイシャツや下着を洗濯機に入れ、バスルームに入ってシャワーコックを開いた。


 芳川の車は十二時間以上、金田太市の住宅に停車している。

 車を置いたまま、芳川が一人でどこかへ行くはずがない。芳川は金田太市の住宅にいる。

 芳川は空手四段だ。凶器で脅して従わせるのは不可能だ。薬物でも飲ませないかぎり、金田太市は芳川を行動不能にできない。あるいは金田太市が芳川の不意をつき、鈍器で殴って動けないようにした可能性もある。

 いずれにしても、金田太市が単独で芳川を監視するのは困難だ。金田太市が自宅に芳川を監禁するなら、共犯者が必要だ。そして、吉川をどこかへ連れてゆくなら、芳川の車を処分しているはずだ。

 だが、車は金田太市の自宅の近くにある。

 生死は不明だが、芳川は金田太市の自宅にいる・・・。


 そこまで考え、佐枝はシャワーを浴びたまま何もしていない自分に気づいた。

 シャワーコックを閉じてシャンプーで髪を洗い、ボディーシャンプーで身体を洗った。

 手が胸と下腹部に触れると、佐枝は手を止めた。 

 佐枝は自分の手に他人の手を感じた・・・。

 人を愛する手ではない。肉体への侵略、陵辱する手だ。女を犯す手だ。その手は肉体だけでなく意識にまで食い込み、精神を侵略し、全てを破壊し、二度ともどれない日常と意識と精神を女に残していった・・・。

 贖うがいい・・・。身をもって・・・。全体でなければ、部分でもいい・・・・。


 佐枝は身体を洗ってシャワーを浴びた。ボディーシャンプーの泡とともにそれまでの思いが流れ落ちてゆく。

 シャワーコックを閉めて、佐枝はバスルームを出た。

 バスタオルで身を包み、ダイニングキッチンの椅子に座った。携帯の位置情報の輝点は止まったままだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る