十四 ファイル 

 それから六日間、翌週の金曜まで、携帯の位置情報の輝点はリンドウが契約している駐車場と、深夜営業のスーパーと、北長野の一郭を行き来した。


 

 翌週、土曜、午後(二〇二一年七月十七日土曜)

 位置情報の輝点が北長野の一郭から、善光寺の北東に位置する長野市岩水沢一丁目の住宅へ移動した。

 善光寺表参道の門前町にある鷹野良平の住居から、位置情報の輝点が停止した岩水沢一丁目まで一キロもない。鷹野良平の住居から、鷹野良平が死亡した善光寺北東にある岩水沢二丁目の公園まで一キロほどだ。そして、公園と岩水沢一丁目の住宅までは数百メートルも離れていない。


 芳川は鷹野良平から頼まれて、鷹野秀人が事故に遭うまでの足取りに見当をつけていたはずだ・・・。

 先週土曜、芳川はTOUNO機械(株)で誰かに会い、今日、ふたたびその誰かに会うために、岩水沢一丁目の住宅へ行ったとしたら、死亡する前の鷹野良平も、岩水沢一丁目の住宅を訪ねていた可能性が出てくる・・・。

 芳川は鷹野秀人と鷹野良平に関係する人物を探し出したのか・・・。


 佐枝は携帯のアプリで、長野総合高校卒業生ファイルを開き、芳川と同年齢の二十六歳でTOUNO機械(株)に入社している卒業生を検索した。

 該当したのは五人で全員がTOUNO機械(株)のスキー部に所属していた。そのなかの二人が帝都体大卒だった。

 やはり、芳川は鷹野秀人と鷹野良平に関係する人物を探し出した・・・。

 佐枝はファイルを見つめた。

岩水沢一丁目の住宅は、長野総合高校卒業生で帝都体大卒、TOUNO機械(株)のスキー部に所属する社員、金田太市のものだった。


 鷹野良平は先週木曜の朝、岩水沢二丁目の公園で死亡していた。前日水曜の夜、鷹野良平が岩水沢一丁目の住宅に金田太市を訪ねた可能性は高い・・・。

 そしてもう一人の長野総合高校卒業生で帝都体大卒のスキー部社員は、香野肇だ。長野市若郷一丁目に自宅がある。長野駅東口にある佐枝のマンションから南へ九百メートル、車で三分、徒歩で十分ほどの距離にある。


 芳川は金田太市に何を話したのだろう・・・。

 香野肇の自宅にも行くのだろうか・・・。

 それとも先週の土曜にTOUNO機械(株)へ行ったとき、香野肇に会ったのだろうか・・・。

 ファイルを閉じて佐枝は溜息をついた。


 午後三時半になった。

 位置情報の輝点は停止したままだ。


 佐枝は室内着からバーテンダーの仕事着に着換えはじめて、

『先週土曜に、芳川は金田太市に会ってはいたが、何も話していない』

 と気づいた。今日、金田太市の住宅を訪れたのがその証だ。

 もしかしたら、今日、香野肇も金田太市の住宅にいて、芳川と会っているのかも知れない・・・。


 芳川は、なぜ金田太市に会いにいったのだろう・・・。

 鷹野秀人が事故に遭うまでの足取りから、金田太市にたどり着いたとすれば、芳川は、鷹野秀人と鷹野良平の死はプロの犯行だと話すだろうか・・・。

 それとも、鷹野秀人と鷹野良平に何があったか、金田太市と香野肇を問いただすだろうか・・・。

 二人を問いただした場合、芳川に危害がおよぶことにないだろうか・・・・。


 いろいろ考えているあいだに、午後四時を過ぎていた。

 佐枝は、アプリを閉じて携帯をバッグに入れ、室内を確認した。

 何かあっても、私に危害がおよぶことはない・・・。

 佐枝はマンションを出た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る