十二 芳川

 鷹野良平の訃報のため、店に客は来なかった。いつもタバコ臭くなる髪も、今日は匂わない。佐枝はバスルームで熱めのシャワーを浴びた。


明日、店で話せるのに、なぜ、私は芳川に電話したのだろう・・・。

 芳川が何をするか、うすうすわかっていたはずだ・・・。

 バカなことをしたと佐枝は思った。

 鷹野良平が死亡した昨夜水曜は、リンドウの定休日だ。

 芳川は、昨夜、何をしていたのだろう。一週間前に死亡した鷹野秀人の足取りを探っていたのだろうか。

 鷹野秀人が死亡した一週間後に鷹野良平が死亡した。芳川は、今度は本気で二人が死亡した理由を調べるだろう・・・。


佐枝はシャワーのバルブを閉めた。バスタオルで髪を拭いて包み、もう一枚のバスタオルで身体を包みバスルームを出た。

 冷蔵庫からお茶を取りだしてダイニングテーブルのグラスに注ぎ、椅子に座って、冷えたお茶を飲む。バーテンダーだからといって酒が好きなわけではない。バーテンダーは生きるための方便だ。


 佐枝は椅子から立って冷蔵庫に用意してあるサンドウィッチを取りだして、テーブルに置き、椅子にもどるとリモコンでテレビのスイッチを入れた。

 ニュースを見たが、鷹野良平に関する報道はなかった。

 佐枝はサンドウィッチを口に入れた。

 明日、お客が来るだろうか?

 おそらく、芳川はリンドウの営業日には動かないだろう。動くの休日だ・・・。今日はゆっくり休もう・・・。


 そのころ。

 芳川は、北長野駅に近いアパートのダイニングキッチンでテーブルにむかい、ロックでウィスキーを飲んでいた。

 佐枝は、なぜ電話してきた?

 オレが何をするか知りたかったのか?

 佐枝はマダムと親しい。もしかしたら、オレを監視するよう、マダムから頼まれたか?

 マダムは鷹野秀人のことを佐枝に話している。

 マダムはほかにも鷹野良平から頼まれて動いたはずだ・・・。

 やはり、マダムは、オレが鷹野良平から依頼された件も佐枝に話し、オレが危険なことをしないよう佐枝に監視を頼んだろう。

 明日出勤したら、佐枝の様子をみよう・・・。

 芳川は佐枝の電話の理由をそう判断した。


 グラスのウィスキーを飲み終えると、芳川はグラスを洗ってかたづけ、隣室へ行きベッドに入った。

 まだ、鷹野良平に頼まれた、死亡前の鷹野秀人の足取りを調べていない。

 鷹野秀人の足取りを探るのは、店が休みのときできそうにない。次の定休日、鷹野良平から教えてもらった、鷹野秀人が行っていた飲み屋をのぞいてみよう。鷹野秀人の顔見知りに会えかもしれない・・・。

 それとも・・・、鷹野秀人の高校時代の仲間を探るのが先か?

 ヤツの仲間に会って、それとなく足取りを探ってみよう・・・。

 そう思いながら、芳川は目を閉じた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る