十一 依頼

 佐枝が店を出ると、佐枝は芳川に呼びとめられた。

「飲んだから、タクシーで帰る。いっしょに乗るか?」

 芳川は思いつめた様子だった。

「方角がちがうから、お断ります」

 芳川の自宅は店から北東へ四キロ。北長野駅の先だ。佐枝のマンションは長野駅の東。店から南へ二キロ強の位置のある。

 芳川は佐枝をマンションへ送って、それから自宅へ帰るつもりらしかった。


「じゃあ、また・・・」

 芳川は佐枝よりさきに、権堂のアーケード街を東へ、長野電鉄権堂駅の方へ歩いていった。

 佐枝は芳川の後ろ姿を見ながら歩いた。いつも利用するタクシー会社へ連絡し、長野大通りへ出て、待っているタクシーに乗った。


「今日は、お早いですね」

 馴染みの小林運転手ではないが、この運転手の簑島も、佐枝がリンドウのバーテンダーと知っている。

「ええ、お客さんが亡くなって・・・」

「鷹野さん、常連さんでしたもんね・・・」

 簑島運転手はそれ以上何もいわなかった。佐枝にとってはそのほうが都合がよかった。


 立てつづけに義理の息子と父が亡くなり、死因が不明だ。マダム亜紀が話したように、芳川も二人がプロに殺られたと思っているはずだ。

 亜紀の口止めが芳川の疑問の火に、プロの犯行という油を注いだ。亜紀に止められたが、芳川は鷹野秀人と良平を殺害した者を探すつもりだろう。

 佐枝は、店を出た佐枝を呼びとめた、芳川の思い詰めた顔を思いだした。

 芳川は殺害者の捜査を私に手伝わせようした・・・。


 佐枝が考えているあいだに、タクシーが長野駅東口に近いマンションの前に停車した。

「ありがとうございます」

 佐枝は簑島運転手に礼をいって支払いをすませ、タクシーから降りた。そして、タクシーを見送り、マンションに入った。



 ダイニングキッチンのテーブルにバッグを置き、冷蔵庫から野菜ジュースを取りだしてグラスに注ぐ。椅子に座って野菜ジュースを一口飲んだが、トマトの味を感じない。なぜだろう?鷹野良平のことで、気持ちが高揚しているのだろうか・・・。それとも・・・。

 佐枝は芳川の言動が気になった。

 芳川は調査に関して素人だ。どうやって、鷹野秀人が事故を起こすまでの足取りと、鷹野良平が死亡するまでの足取りを探るのだろう・・・。

 芳川は鷹野良平から、鷹野秀人の監視警護を依頼されていた。

 芳川は鷹野秀人と高校で同期だ。高校では鷹野秀人と面識がなかったといっていたが、鷹野秀人がリンドウに来るようになってから、鷹野秀人は芳川と顔見知りになったはずだ。芳川は、リンドウへ出勤する前や昨日の休みに、鷹野秀人の動きを探っていた可能性がある。やはり、芳川の言動が気になる・・・。

 時刻を確認した。十一時を過ぎている。しばらく待とう・・・。

 佐枝は湯を沸かして、パーコレーターでコーヒーをいれた。


 佐枝は携帯で芳川に電話した。

「佐枝です。さきほどは、お気づかいありがとうございます」

「どうしました?」

「何か、お話があったのではないかと気になったものですから、電話しました・・・」

「ここだけの話ですが・・・」

 そう言って言葉がとぎれた。芳川は言い淀んでいる。


「それなら、聞かないことにします。何も知らなければ、私は気にしなくてすみますから」

 決断できないことは話さないほうがいい。言葉にすれば、そのぶん、実行する決意が言葉となって口から逃げてゆく。佐枝はそう思っていた。

「いえ、聞いてください。二人のことを調べようと思ってる。

 だから、オレに何かあったら、プロに殺られたと思ってください。警察にもそう伝えてください。そうすれば、警察が動きます。

 マダムには内緒です」

「わかりました。気をつけてください」

 芳川は先を見越している。何かつかんでいるのだろうか?

「はい、それではおやすみなさい。

 では、また・・・」

 芳川は電話を切った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る