八 タクシー運転手

 午前〇時に店がはねると、フロアマネージャーの芳川は、

「明日の休み、オレに付き合ってくれないか・・・」

 佐枝と目を合せずにいった。

「なんでしょう?」

 佐枝は用件を訊いた。

「鷹野秀人の事故現場に花をたむけたい・・・」

 芳川は鷹野秀人を呼びすてにした。芳川は鷹野秀人と親しかったらしい。

「わかりました」

「そしたら、長野駅の東口バス乗り場で一時に。車で迎えに行くよ」

 芳川は佐枝と目を合せぬまま、店内の片づけをつづけている。


 芳川が鷹野秀人の事故現場に行くなら、一人で行ける。佐枝を誘う必要はない。

 鷹野秀人の事故現場に花をたむけたいということより、佐枝は、佐枝の私生活を知っていそうな芳川が気になった。佐枝の住居は長野駅東口近くのマンションだ。東口バス乗り場は目と鼻の先だ。


「おさきに・・・」

 カウンター内を片づけ、佐枝はクラブ・リンドウを出た。アーケード街をぬけ、長野大通りへ出て、長野電鉄権堂駅付近から予約していたタクシーに乗った。

 店の人が、私をどこでおろしたか、訊いたことがありますか」

 そうタクシーの運転手に訊こうと思ったが、訊かずにいた。訊けば運転手は、店で何かあったなと勘ぐる。鷹野秀人の事故のあとだ。タクシー運転手なら鷹野仏具店も鷹野秀人の死も知っているだろう・・・・。

 佐枝がそう思っていると、運転手が、

「鷹野仏具店の若旦那も災難でしたね・・・」

 ぽつりぽつり話しはじめた。車内に表示された運転手の氏名は小林富雄だった。

「お店の方で、うちのタクシーを何度も使っていただいてましてね・・・」

「そうですか・・・」

 佐枝は相づちを打つようにいった。それ以上何もいえなかった。

「こんな話、深夜にする話じゃないですね・・・」

 運転手は佐枝の思いを感じたらしく、事故の話題を避けて沈黙した。


 佐枝は、この小林運転手から、鷹野秀人がこの運転手のタクシーを利用していたのを感じた。小林運転手がそのことを話さないのはなぜなのか、佐枝は気になった。

 佐枝は話題を変えた。

「長野駅の近くに、花屋さん、ありますか?明日、現場にたむけようと思うんです・・・」

「駅ビルのなかにも、駅ビルを出てすぐ右手にもありますよ。

 鷹野の若旦那、店の常連でしたもんね・・・喜びますよ・・・」

 佐枝は鷹野秀人の名を一言も口にしていなかった。


 運転手の小林は鷹野秀人と親しかったらしく、鷹野秀人について、佐枝にいろいろ語って聞かせた。小林運転手が語る鷹野秀人の話に、クラブ・リンドウのことや従業員のことが出てくるかと思ったが、何も出てこなかった。

 小林運転手が知っていたのは、鷹野秀人が定期的に、佐枝の務めるリンドウへ通っていたことと、数年前まで、鷹野仏具店の店主がリンドウに通っていたことだけだった。


「お疲れさんでした」

「ありがとうございました」

 佐枝はマンションの前でタクシーを降りた。佐枝にあいさつする小林運転手におじぎし、タクシーを見送った。

 あの運転手は気にしなくて良さそうだ。フロアマネージャーの芳川は警戒したほうがいい・・・。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る