六 隠蔽

 翌日水曜、午前(二〇二一年六月十六日水曜)

 佐枝は軽井沢のアウトレットモールのカフェテラスにいた。


「あなたたち、店を見てらっしゃい。お昼に、ここで落ち合いましょう」

 亜紀の言葉で、ふたりの娘とその恋人たちが笑顔で席を立った。 

 亜紀は笑顔で娘たちを見送った。

「いいんですか?娘さんたちに会うのは久々なんでしょう?」

 佐枝は母親としての亜紀が気になった。娘たちとはいつも電話で話していると聞いているが、電話で話すのと実際に顔を見て話すのは訳がちがう。健康状態や精神状態など、言葉で伝わらなくても、顔を見ればわかることもある。


「ゆうべいろいろ話したから、いいのよ。ふたりとも、相手を信頼してるし、相手も、娘を任せていい人たちよ・・・・」

 そうはいうものの娘たちを見送る亜紀の笑顔は寂しそうだ。

「それに、娘たちの話にはついて行けないのよ。話を理解できないのじゃないわよ。興味が湧かないの」

「もしかして、お店を・・・」

「安心して。まだ、手放したり、やめたりはしないわ。でも、娘たちが継がなければ、いずれ、そうなるわね」

「いい、お客さんがついているのに、残念ですね」

「そうね。でも、見た目と裏はちがうのよ・・・」

 そういう亜紀の表情が、この梅雨空のように曇ったように見えた。

「なにか、あるんですか?」

「人には、知られたくない過去があるでしょう・・・」

「というと?」

「過去から逃れた人が多いのよ。娘たちが店を継げば、いずれそのことを知るでしょうね」

 亜紀の説明に、佐枝は声をひそめていう。

「犯罪歴や人間関係から逃れている。そういうことですね」

「佐枝ちゃんが娘なら、安心して店を任せられるのにね・・・・」

 亜紀は佐枝にほほえんだ。佐枝は客に気配りするが、客のプライバシーには決して立ち入らない。客に気配りできる佐枝の接客に、亜紀は好感を抱いている。


「マダム・・・。私に何かお話があったのではないですか?」

 佐枝はなんとなく、姿勢を正して質問している自分に気がついた。少なからず緊張している証だ。

「実は・・・、話しておきたいことがあるのよ・・・。

 年輩のお客の過去は、何年も前のことだから、ほぼ時効ね・・・。

 でも、若い客の過去はそうはゆかないわ・・・。

 過去を隠したい客が、どうしてリンドウに来るか、あなたにはわかでしょう。

 あなたを雇ったのも、そうした訳があったからよ」


 バーテンダーの求人で、木村佐枝は思ってもみない面接を受けた。

 クラブ・リンドウの経営者の宮島亜紀は佐枝に、接客で客のプライバシーに、どう対応するかという、ずいぶん突っこんだ質問をした。

 佐枝は、客に対して気配りはするが、プライバシーにはいっさいタッチしないと答えた。たとえ、客が佐枝にプライベートな付合いを求めても、いっさい応じないとである。客の応対は店の中だけである。店の外にまで客との関係を広める気は全くなかった。

 佐枝の態度は亜紀に気に入られた。


「昨日の若い客。こういえばわかるわよ・・・」

 亜紀は鷹野秀人について語りはじめた。

 鷹野秀人は過去に犯罪を犯し、懲役三年執行猶予五年を科せられた。大学を中退して母方の再従姉妹と結婚し、再従姉妹の家の婿養子になった。実家を出てこちらに引っ越して苗字も変ったため、当人の過去を知る人はいないと説明した。

「義父に、飲みに行くなら、うちの店へ行くようにいわれたらしいわ。

 義父も、うちの店とは長い付き合いよ・・・」

 亜紀は義父の過去について、何も話さなかった。

 佐枝は亜紀の説明に納得した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る