四 死因究明

「何かわかったか?」

事件発生後の四ッ谷駅中央線の線路で、四ッ谷署の係長・渋谷刑事が上野鑑識長に訊いた。

「轢断遺体から転落理由を探るのは無理だな・・・」

 上野鑑識長が渋谷刑事に答えて部下に訊く。

「何か出たか?」

「まだ、何もありません」

 数人の鑑識員が、線路の遺留品を捜している。


「神田、こっちはいいから、高田を手伝ってこい」

 渋谷刑事はホームの監視映像が気になっていた。轢断の現場から、被害者が線路に転落した原因を探すのは難しい。監視映像から転落時を調べる方が効果的だ。

「わかりました・・・」

 神田刑事は線路からホームへあがり、監視映像を見るため管理室へ急いだ。


 高田刑事は係員と監視映像を確認していた。太山守がホームから線路に転落した箇所の監視映像には、入構車両映像と出構車両映像、太山守が線路へ転落した位置の車両乗車口を、左側から撮る映像と右側からの映像、そして乗車口を正面に撮る映像があった。

 高田刑事と係員は、電車がホームに到着する時間帯の監視映像から、太山守が線路に転落する画像を車両乗車口を右側から撮る映像に見つけ、太山守と接触した人物がいないか確認していた。


「神田さん。これ、どう思いますか?」

 高田刑事は電車がホームに到着するまでの監視映像を再生させた。

 まだ、電車は入ってきていない。

 電車が入ってくると、電車を待つ人の列から、男がふらふらとホームの端に歩いてきて、そこにホームがつづいているかのごとく歩き、線路に落下した。

 同時に電車が、車輪に男を巻きこんでその場を通過し、速度を下げた。

 先頭車両の停車位置は、男が落下した位置から数両分先だった。


「誰にも接触してない。だけど、妙だな・・・」

 神田刑事は男の態度が気になった。

「何がですか?」

 高田刑事は神田刑事の言うことを理解できずにいた。

「歩き方が、そこにホームがあるみたいな歩き方だ。酔ったように見えない。放心状態でもない気がする・・・」

「というと、幻覚でも見ているような、ですか?」

「ああ、そんな感じだ。催眠術をかけられたような・・・。この映像だと、そんな感じだ・・・」

 神田刑事は、自殺と思われた昔の事故を思いだした。


 過去に、ある向精神薬を服用していた患者が病院の上層階の窓から転落死したことがあった。その後の調査で、この向精神薬が、副作用として幻覚症状を引き起すことがわかり、使用が禁止された。

 服用した患者は、決ったように高いところへ上り、そこから転落する傾向があった。転落から一命をとりとめた患者によれば、脅迫観念に襲われ、明るい花園にむかって逃げた、と説明していた。同じ薬を飲んで騒ぎ、看護師に保護された患者も、同じことを述べていた。


 あれは事故ではなく、医療ミスだった。人災だった。遺体から、同じような向精神薬の成分が見つかれば、事故ではなくなる。

「遺体解剖で、アルコールの他に何か出れば、他殺だな・・・」

 神田刑事はつぶやいた。



 翌日(二〇二〇年五月十六日土曜)

 太山守の解剖と、死因究明に向けて関係者の事情聴取がされた。

 休日だったが太山守の勤務先へ依頼し、上司と同僚と人事に出社してもらい、太山守の健康状態と仕事も含めて交友関係を聴取した。太山守は健康そのもので、事故と関係するような不審な点はなかった。


 太山守の先輩にあたる、仕事での同僚、奥野慎司から、太山守が事故に遭遇する一時間前までの行動が明らかになったが、その後の一時間、太山守がどこで何をしていたか、不明だった。

 奥野慎司によれば、仕事の打ち合せもかねて取引先と早い夕食をともにし、用があるので早めに帰宅するという太山守と、六時すぎに四ッ谷駅で別れたと証言を得ていた。別れ際、太山守はいつになく陽気だったという。

 奥野慎司は、太山守が誰か親しい女と会っていた気がするといったが、太山守から女の話を聞いたことがないといった。太山守と別れた奥野慎司は四ッ谷で飲み歩いて八時過ぎに立ち寄った婚約者のパブで、太山守の死を知ったといった。



 その日夕刻。

 解剖結果と薬物検査の結果が出た。太山守の体内から大量のアルコールが出ただけで、薬物成分は見つからなかった。催眠状態かそれに近い状態になっていたのではないかという神田刑事の疑問はいっさい取りあげられることなく、太山守は酔ったあげく誤って線路に転落した、と判断された。

 これで太山守の死因は単なる事故として処理され、調書や葬儀屋の手配など死亡による各方面の手続きが形式的に進められる。

 何らかの薬物が見つかれば、太山守が通っていたであろう医療機関を調べねばならないと考えていた神田刑事は拍子抜けしていた。明日にも、太山守の親族が四ッ谷署を訪れ、遺体引き取り手続きをするだろう。


「係長。なんかおかしくないですか?」

 神田刑事は、納得しかねて、解剖結果と薬物検査結果の書類を持ったまま、渋谷刑事の机の前に立った。

 渋谷刑事はいう。

「太山守はホームで誰とも接触していなかった。自分からホームに落ちた。

 確かにあの落ち方は、何か考えごとをしていて、まちがったところへ足を踏みこんだような感じだ。

 太山守の身体から大量のアルコールが出たが、薬物は出なかった。太山守は酒豪だった。

 何も悩みごとはなかった。健康だった。事故に遭う前は陽気だったと同僚がいってる。

 酔ったあげくの事故だろう・・・」

「ほんとうにそう思うんですか?」

「解剖と薬物検査の結果や証言に、事故を否定するものがない。不信に思っても証拠がないかぎり、事故として扱うしかないんだ・・・」

 そういいながら、係長の渋谷刑事も、太山守の事故死を納得しかねていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る