三 契約切れ

バーテンダーの佐枝はパブの掃除を終えて、支配人の三村珠樹宛の封書をカウンターに置いた。今日でパブ・ミムラを退職するのは兼ねての契約だった。

 珠樹はこの界隈で知られた資産家の娘で、このパブ・ミムラの他に三店舗を経営している。


 佐枝が珠樹と会ったのは五年前の五月初旬、初夏だった。四ッ谷荒木町のパブ・ミムラの前を歩いていた佐枝に、店にもどろうとしていた珠樹が何気なくあいさつし、それがきっかけで二人は話すようになり、佐枝がバーテンダーと知って珠樹は、

「ねえ、佐枝ちゃん。私の店で働いてね」

 と頼んだ。佐枝も

「もうすぐ、働いている店の契約が切れるので、珠樹さんの店で働かせてください」

 珠樹の申し出を受入れた。五年契約だった。

 そして、昨日で契約の五年が過ぎ、今日は片づけのつもりで店に来たが、珠樹は契約のことなど忘れ、いつものように佐枝に、客の対応をさせていた。

 これで最後なのだからと思い、佐枝は珠樹の指示に従い客の相手をしていた。


 佐枝は店に隣接した自宅に帰った。ここは店を境にして珠樹の自宅と反対側にある、三村珠樹所有の建物だ。次のバーテンダーが見つかるまで、住んでいてもいいといわれているが、佐枝にその気は無かった。都内の暑さは苦手だ。故郷のような涼しい土地に住みたいと思った。

 この住まいの家具や調理器具は全て備え付けだ。佐枝は衣類や身のまわりの物をスーツケースに詰め、バスルームに入った。


 温めのシャワーを浴びると。身体から一日の汗と埃とタバコの匂いが流れ落ちていった。

 佐枝はバスルームの鏡に映る佐枝自身を見つめた。ショートカットの小顔。大きな二重の目と可愛い口元が印象的だ。小さな肩に小ぶりの形良い胸。くびれた腰につづく少し大きめのヒップと長い脚。背丈もあり、見る人が見ればスプリンターの体型とわかる。

 佐枝は頭と胸と下腹部に熱いシャワーを浴びせ、唇を噛みしめた。頬には笑みが浮び、目尻に涙がつたっている。

「贖わせた・・・。身をもって償わせた・・・」

 佐枝の手が胸と下腹部へ伸びた。

 佐枝の脳裡から、佐枝の胸と下腹部へ伸びていた一対の腕が消えていった・・・。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る