奇妙な男達/自選集(140字小説)

作者 塩塚不二夫

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 記憶から喪失される男/再掲へのコメント

    私の作品に応援を頂きまして、有難うございました。
    あなたの作品は本当にシュールを極めていて、なんとも言えない魅力がありますね。とても面白いです。
    まったく理由がない面白さというものを初めて感じました。

    作者からの返信

    応援ありがとうございます。
    褒めすぎですよ。

    この作品群は、140字という縛りの中で書いていたので、「もう少し説明しないと伝わらないな」とか「面白い表現を思いついたのに入らない」等という葛藤が多々ありました。
    しかし、短い方が自分には合ってたのかなと、今は思っています。

    所謂ショートショートですが、星新一さんの様に、最後にストンと落とすのではなく、オチになる部分をはじめに提示して、その世界観の中で戸惑う日常を書く様にしました。
    個人的には、落語的な手法だと思っています。

    2021年1月2日 09:50

  • 野良の吉永小百合/再掲へのコメント

    うわ、たまらん光景ですね。
    うるさいのか、感動するのか、混乱してしまいそうです。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    この光景は、町が祝福で包まれていくという、私の中ではハッピーエンドなのです。
    クリスマスの夜みたいなイメージで書きました。

    2020年12月20日 13:06

  • I'm singing in the …へのコメント

    さらに他の患者も歯の型でも取りながら踊ってくれれば、カオス具合がハンパないですね♪

    ところで、レビューありがとうございました。

    作者からの返信

    応援ありがとうございます。
    みんなカオスでみんないいです。

    2020年11月25日 09:17

  • 無回転コーヒー/再掲へのコメント

    も…もう一杯!

    作者からの返信

    応援ありがとうございます。
    青汁とは違う意味で「まずい、もう一杯(お口直しに)」かもしれませんね。

    2020年11月25日 04:44

  • 無回転コーヒー/再掲へのコメント

    もう一つ。麻雀パイ(笑)

    作者からの返信

    ありがとうございます。

    ホントですね。
    大事なのを忘れてました。
    こりゃ大きなミスですね。

    2020年11月24日 22:17

  • I'm singing in the …へのコメント

    『雨に唄えば』を知ってこそのオチですね。

    作者からの返信

    ありがとうございます。

    そうですね。
    雨に唄えばを知らなければ、意味は分からないですね。
    渋谷系音楽が好きだったので、元ネタ探しの様に、知る人ぞ知るみたいなのに憧れがあるんでしょうね。

    2020年11月24日 22:12

  • 警告する満員電車/再掲へのコメント

    最後の私服警官君というオチは、中々シャレてますね。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    いつもアイディア(この場合、飛び出し坊やみたいな看板が沢山ある)を思いついて、字数とオチは、無理やり付けてる感じなので、たまたまシャレたのかもしれません。
    そもそも、オチはあまり重視しておらず、変な世界観と余韻を大事に考えています。

    2020年11月24日 22:00

  • 野良の吉永小百合/再掲へのコメント

    企画から来ました。
    昭和37年のレコード大賞受賞曲ですね。

    作者からの返信

    沢山の応援ありがとうございます。

    そうです、往年の名曲です。
    私も世代ではないし、カクヨムの人達に伝わらないだろうとは思っていたので、分かってくれる方はレアですし、ありがたいです。

    2020年11月24日 21:48

  • エンジョイする私の幽霊/再掲へのコメント

    レジャー感覚(笑)。私も背後霊を将来の夢にしよっ!

    作者からの返信

    応援ありがとうございます。
    背後霊だからといって、暗くなる必要はありません。
    多様性は、個人主義(≠利己主義)と親和性か高いです。
    そんな時代です。
    背後霊も自由にやっている事でしょう。

    2020年11月14日 19:16

  • 無回転コーヒー/再掲へのコメント

    どちらかと言うと、私は吉田戦車味が好きかな? 

    作者からの返信

    応援ありがとうございます。
    いいですね、吉田戦車。
    普段漫画を読まない私が(小説も読みませんが…)、つい先月、古本屋で買ったのが吉田戦車でした。
    吉田戦車とか和田ラヂヲとか、嗚呼懐かしい。

    2020年11月14日 19:12

  • 余韻エアプレイン/再掲へのコメント

    ちょっと村上春樹の香りがしました。今思えば、ノルウェーの森の導入部分はこれだったような気がします。CAさんが心配するはずです。

    作者からの返信

    応援ありがとうございます。
    ああ、そういえば学生の頃にノルウェイの森を読んでました。
    すっかり忘れてました。

    2020年11月14日 19:09