ワニの舌、猫のあくび

作者 カナリヤ

チッチの卒業式」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 卒業という式は、入学から比べてみると感慨深くなるものなのかなって思います。
    特に小学が違いがよく分かるかもですね。
    中学はまだ体験してませんが、おそらく私は泣いてしまうだろうと(^_^;)

    遅ればせながら。
    御卒業おめでとうございます!


    作者からの返信

    ともはっと様は卒業式はハンカチ2枚持参でお願いします!
    なんならハンドタオルでw
    それくらい小学校の卒業式は成長の幅が大きいので泣けると思います

    私は中学の卒業は同時に大人への入口だと思っているので泣けたんだと思います
    もう手が離れちゃうんだな、って…

    パパ上様、お祝いのお言葉、ありがとうございます!
    嬉しいです

    2021年3月21日 16:27

  • 娘さんのご卒業おめでとうございます!
    生徒会長さんの答辞ですね。
    もちろん、生徒会長さんは出席者を泣かせようと作った文章ではないだろうと思います。もちろん、教師の手も入っているでしょうが、生徒会長さんの主旨を凌駕するまでには至っていないでしょう。
    それは、まさに、生徒会長さんの中学生活での生き様、考え様がその答辞に表されていて、聞いていた人たち皆がそれに心を震わされた結果なのでしょう。
    いい式に出席できて良かったですね。

    私もいろんな答辞を見聞きしてきましたが、私が中学1年生だったときの卒業式の生徒会長の答辞が忘れられません。
    彼は、泣きながら答辞を述べていました。
    もちろん、話の内容は悲しい話ではありません。
    悲しい話じゃない、良き思い出と希望に満ちた未来の話をするのに中学3年生ながら泣きながら皆の前で話す、彼の生き様(といっても、私にとってみれば僅か1年間の彼の偉大な姿でしかないけれど)を観て心震わせられました。
    「自分も、2年後には、あんなきもちになれるのかしら…」と思いましたが、自分が卒業するときには微塵もそんな感慨には至っていませんでした(笑)
    でも、それもまた、生き様であると思った次第です。

    作者からの返信

    橙様

    お祝いのお言葉、ありがとうございます!

    そう、答辞!在校生の送辞がコロナウイルスで取りやめになったので、答辞と言っていいのかわからずもやもやし、仕方なく挨拶と表現した次第ですwそこに突っ込んで下さって嬉しいです(#^^#)
    本当にいい式に出席出来て良かったです( ;∀;)

    橙様は若い頃に心震えた生徒会長の答辞を経験されたのですね…早い時期にいい経験をされていて羨ましいです
    人間とはゲンキンなもので、私は今まで一度も感動を経験してなかったので卒業式を面倒だと思ってましたが、今回で変節しましたw
    感動は人を変えるんだと感じました


    コメントありがとうございます!

    カナリヤ

    2021年3月14日 08:00

  • お嬢さん卒業おめでとうございます。

    短編タイムリーに読めてなくてすみません。折を見て読ませて頂きます。

    作者からの返信

    いえいえ、タイムリーでなくてお好きな時に読んで頂いて大丈夫ですよう!!そんなことお気になさらずですっ(; ・`д・´)キョウシュクデス

    お祝いのお言葉、ありがとうございます!
    エッセイで催促したみたいでなんですが、めっちゃ嬉しいです(*´╰╯`๓)♬
    チッチがお嬢さん…むず痒くなりましたw

    2021年3月13日 21:53 編集済

  • 御卒業おめでとうございます。

    小学六年間と違った三年間だったですね。
    マララさんのようなスピーチ聞きたかったです。
    感動させようとしたわけではないので、感動するんでしょうね。

    式はやはり、大事ですね。コロナ禍で特別だったと思いますが、
    子どもの成長、旅立ちの時、応援したくなりますね。

    おめでとうございます。(o^^o)

    では、「直観」伺います。「直感」ではないんですね。楽しみです。

    作者からの返信

    お祝いのお言葉、ありがとうございます!
    お陰様で無事に卒業できました

    スピーチは中学生の言葉やからと全く油断してたので余計に泣けましたw
    式は大事と賛同頂けて嬉しいです
    これからはゆったりと見守り応援したいと思います

    ありがとうございます(*´╰╯`๓)♬

    2021年3月13日 21:35