ワニの舌、猫のあくび

作者 カナリヤ

チッチのお受験」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 合格おめでとうございますっ!
    よかったですっ


    哲学と信仰。この二つは似て非なるモノですが、ともに自分の核をつくってくれるモノだと思います。情報がますます氾濫していく世を渡ってゆくに際して、自らの位置を知り判断の基準となってくれる気が致しますね。
    若い皆さんの将来、楽しみですね!

    作者からの返信

    えへへ、ありがとうございます!
    どうなることかと思いましたが、なんとかなりました

    なんだかすべり止めの合格で母親のカナリヤがホッとしてしまって、もうダルダルになってますw
    本命の公立に向けて仕切り直しです!


    呪文堂様のおっしゃる通りで、哲学と信仰的なものを皆が個人個人に持って生きていると思います
    それが弱いと何かあったときにへたってしまう
    芯がある人、ない人ってやつですね

    実は今次回作の為に古代史を勉強しているのですが、エジプト→ギリシア→ローマという文化・哲学の変遷と、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教などの宗教のつながりに毎日うなっています
    世界の混乱を理解するのにこういったものが重要だと今さらながら気が付いたカナリヤです
    私って何も知らないんだ、それって罪だなって思うんです
    子どもたちに「なんでアフリカの国境ってこんな真っすぐなん?なんでいっつも政情不安なん?」って聞かれた時に客観的事実をちゃんと答えられるようになりたいなと

    いろいろな角度から勉強していきたいなと思うのですが、それをしてたら一生小説なんて書けなさそうですw
    早く子供が大きくなって教えてくれることを祈ります

    2021年2月16日 20:42

  • おお、すべり止めって二校受けられるんですね。
    本命の公立が受かっても、私立を受けた緊張や合格の喜びは糧になりますね。
    若いうちは「好き」を早く見つけたもん勝ちだと思います。いいですね。

    次回作、深い作品になりそうですね。

    ちなみにキリスト教、聖書の信仰の定義は、「権利書」みたいな考えです。
    仏教はどうなのかしら? 新作楽しみにしております。(o^^o)

    作者からの返信

    そうなんです、OBK(オバカ)なので心配だったようで2校も受けてw
    彼女にも早く好きを見つけてもらいたいですねー

    聖書はリアルに「こうしたらこうなる」という権利書だと『ダビ恋』(略しちゃいました、可愛いです)にもありました
    金儲けのための免罪符のイメージが強くて…聖書をちゃんと読まねば、っていうか、これからの時代に必要なのは宗教と哲学の理解と知識ではないかと思ってしまいます
    アフリカや中東の混乱は宗教を理解してないと理解不可能だと思うんです
    それくらいダビ恋を読んで自分の無知にショックを受けました

    星都様のおかげで今読んでいる本の理解でとても助かっています
    本当に出会えたのがラッキーとしか言いようがないです( ;∀;)

    2021年2月12日 17:06

  • 返信ありがとうございました!よくわかりました!
    すみません!察しが悪くて。
    なるほど、すべり止め(併願っていうのかな)にも「本命」と「練習」があったわけですね。
    入学金… まあ、私立なので、入学金も、受験代も皆、大事な収益ですものね。
    公立高校進学を目標にする生徒が多い県の私立高校なら死活問題だろうから、公立が決まる前に入学金の一部を支払わせる策に出るわけですね~

    なんにしても、公立高校が本命中の本命でしょうからあと1か月、娘さん頑張ってほしいですね!

    作者からの返信

    わかりにくかったですね、すいません(; ・`д・´)書き直します!

    彼女はすべり止めを2校受けていて、両方受かったので、って話ですw

    で、入学金の一部を先に払わないといけないんです、公立の本命に受かったらパーですよ( ;∀;)
    酷いですっ!

    2021年2月11日 10:35