ワニの舌、猫のあくび

作者 カナリヤ

PAでのうどんと、お母さん食堂」への応援コメント

このエピソードを読む

  • この国の最大の問題点は『ちゃんとする』『みんな一緒』だと思うんですね。いいんですよ、やんなくたって。人生にどのような意味を持たせるのか、そんなことも考えずに何を『ちゃんと』やるんですかね?
    そして。どうして、違う意見や行動を許せないのでしょうね?皆がてんでばらばら行動し、ぶつかり合いそうなところで、はじめて双方尊重すべき『自由』が構築されていく。何かを打ち上げて批判され、応援され、議論してよりいいものを造り上げていく。批判は味方なんですよ。それが解らない自信のない者達が、出したものに固執して議論そのものを潰そうとする。
    変だな?と思ったら言葉する。間違っているのか正しいのかなんて、そんなことは解らない。『ちゃんと』した意見なんてそもそも存在しないはずだから。

    と考え行動する私は、だから変な目で見られます~←これもまた駄目なんですねえ~!
    若い皆さんには『駄目な例』を冷静に観察し、しなやかな強さを身に付けて頂ければと思いますね!

    作者からの返信

    そうですよね、本当にそう思います
    人と違うことをすると叩かれる
    『どうして…と同じようにできないのか』
    『どうして人と違うことをするのか』
    個性を悪とみなして上のモノの言う通りに動くマシンを作り上げるのが社会、教育の原点のように思えてなりません
    結局企業で働く優秀なアリが欲しいとw
    意味もなく「男のくせに、女のくせに」が得意な者達が多すぎます

    カナリヤも結構思ったことをいって空気が読めない人になる時があるのでよくわかります(*ノωノ)
    読書会などで出会う若い世代はとてもクレバーでいい子たちなので、こんなカナリヤが発する言葉も変わったおばさんの言うことだと面白がってくれているようです
    そういった世代と接するととても心強いなと思います!
    しなやかに世界を変革する強い心を持って成長して欲しいですね

    コメント、ありがとうございます!

    2021年1月23日 19:13

  • 「男子厨房に入らず」とか「お袋の味」っていう言葉が考えを固執させてますね。
    しかも本来の意味を変えてしまって。
    男女雇用均等法やアグネス論争などで意識が変わっていますし、これから若い子たちが変えていくでしょう。

    料理が好きな男子もいますし、仕事が好きな女子もいます。

    結婚したくなる気持ちが起こるような社会にならないと、確実に少子高齢化に
    なっていきますね。8050問題も深刻です。
    地元では50代の独身男性が80代の母親を手にかける事件があいつでいます。
    中学の同級生が先日逮捕されちゃいました。( ; ; )

    深いテーマをありがとうございます。

    作者からの返信

    男女雇用均等法は女性の「子供を健康に産む」ことを阻害するのでどうも好かんですw
    やはり大事な20代の女性が夜遅くまで働いたり、痛み止めを飲みながら毎日仕事する社会は間違っているのではないかと思うのです
    生理がしんどいのは身体のサインやで、生理休暇は必要だと思うのですが…

    そうですよね、家事が得意な男子が家庭に入るのもアリ、仕事をする女子もアリだと思います
    おじさん社会による押しつけが宜しくないだけです

    パートナーを労わり、負担を分け合いながら家庭を作れるよう子供を教育せねばです!

    2021年1月11日 17:55