ワニの舌、猫のあくび

作者 カナリヤ

一人暮らしのアリエッティ」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 深いお話をありがとうございます。私にはこの世界、なにが正しくてなにが誤りなのか、皆目解りません。ただ、『こうあるべきだ』論は、眉唾だと思って眺めております。特にひととひととの繋がりに、こうあるべきだなどあるものか?何の疑問もなく、『あるべき』事柄を執行していく。私には、まあ無理です。

    もしもそこに『正誤』があるとするならば、それは次なる選択のときにこそ意味を持つのであろうと。
    何故正しいと思うのか?何が引っ掛かって誤りと認めるのか?
    ・・おっしゃるとおり、我々は日々を選択して生きています。生命の選択です。そこに普遍的な『正誤』は存在し得ないはずですが、『正誤』と思いたい何かはある。そこを見定めることが生きることの面白さかな?と思ったりしております。

    ジブリ作品。面白いですよね。宮崎駿氏は見事な変態ですから、作品に詰め込まれる情報の質も量も半端ない。
    『思い出のマーニー』!今度観てみます!

    作者からの返信

    そんな、深いなど…自己満懺悔のようなものです(*´Д`)

    そうですね、おっしゃる通りこの世界でははっきり正しいものなどなく、ただ悩みながら選択していくのでしょう
    その悩み続けることが大事なのかなと呪文堂様のコメントで感じ、とても励まされました
    ありがとうございます!

    呪文堂様の『思い出のマーニー』の感想を聞いてみたいです、ゆるゆるお待ちしてますw

    2020年12月22日 08:09

  • >暇な時は教科書を読んで少しでも教えられるよう勉強する。

    ここ凄い重要です。
    私、息子に勉強教えようとしても、教えられない時があって、焦ったことがあります。
    教科書読まないと、小さい頃に覚えた勉強知識が役に立たなくなるんだなって。

    信頼回復、頑張ってください!

    作者からの返信

    そうなんですよねっ!
    教科書変わってて、聖徳太子が厩戸王とか…
    仁徳天皇陵も大仙古墳になってますしw
    国語の漢字の書き順とかも違ったりして困りました

    信頼回復、頑張ります、ありがとうございます!(*^-^*)

    2020年12月12日 19:53

  • カナリヤさんの告白に近いお話、興味深く読みました。
    なるほど…そういう心情からの外働き…
    でも、カナリヤさんのそういう心中を娘さんは知らないだろうし、そういう心中ながら悩みながらも子育てをしてきた十何年間なのだから、それを「失われた期間」だとは思いませぬ。

    外で働きながらも、勤めを終えて家に帰り、まな板の音を聞かせながら、テレビを一緒に見ながら、キーボードの音を聞かせながら、弟君の顔や歌声をほめながら、娘さんと一緒に過ごしたお母さんは、娘さんにとって、かけがえのない自分のお母さんだったでしょうから。


    別件ですが、
    私は、ついつい「カナリア」と打ってしまい、それを直すのですが(笑)、知らべてみると「ヤ」でも「ア」でもどちらでもいいみたいですね。
    カナリヤさんは、普段「ヤ」と呼んでいたのかな?



    追記です
    カナリヤさんの名前の由来、了解です。
    でも、「ぴゅう」さんのペンネームに慣れ親しんでいる私は、まだ、慣れておりません。

    「怒る」だなんて、カクヨムじゃなくてもあろうはずがない、と私は思っています。
    家族の状態なんて、文字で説明しきれない事情の方がある、と思っていますし、HPがどうやったら減るのか、なんて各家庭で様々です。
    夫と妻の役割分担、掛かる時間、労力なんてのも各家庭様々で、しかも、説明しきれたもんじゃありません。
    雨や雪が降っただけでHPが大幅に減る人もいます(笑)

    私は、育児については「ほめる」「叱る」の担当です。
    別に話し合ったわけではないけど、なんとなく、そうなってしまっています。
    「ほめる」のは手放しで良いのですが、「叱る」のは相当にHPが減ります。
    カナリヤさんみたいに外働きをすることでバランスを保つように、叱らないことでバランスを保っているのだと思っています。
    いかんせん、肝心な接点の納役はいつも私なので、「お前もちゃんと接点見極めてくれよ」と一回だけ言ったことがあります。
    しかし、接点を知っていながら、もしくは、知っているからこそ、そこに居なかったんだろうと、思い直し、それ以来、言っていません。

    HPの量は人それぞれです。減り方も、減る原因も人それそれです。
    だから、夫婦二人で、なんなら、祖父母のHPも合わせた一家族総HPで子育てをしていくものだと思っています。

    作者からの返信

    橙様

    名前は米津さんのMV「カナリヤ」をたまたま見ていてPNにしちゃいました
    パクリですwふふふ

    今回は暗くてひどい話で申し訳ないです
    子供が怖い→子供がいるせいでこんな目に合ってる、なんで私がこんな目に!って思った(思ってる、これから思う)ワンオペ育児のお母さんがいるかもとしれず、思い切って黒い部分を出してみました

    あと、オットには育児を半分やる気概が欲しいです、ってことを伝えたかったのですが、それを書くと男性糾弾みたいになるので止めました
    特に誰を責めたいわけでなく、ただ一人の産後女性のリアルを伝えたいなと


    ムスメには寂しい思いをさせてしまいましたが、橙様が言ってくださるように、あかんけどかけがえのない母親だと思ってもらえればとw
    これから出来るだけ頑張ってみようと思います

    温かいコメントありがとうございます!

    しかし、誰も怒ってこないですね…もっと母親だから甘えるなとか言われるかと覚悟して投稿したのですが…(*ノωノ)カクヨム優しいですっ

    2020年12月12日 19:33

  • カナリヤ様は逃げたんじゃないと思います。(*´∇`*)
    家族にとって、親子にとって一番最善な選択をしたのだと思います。

    クオリティタイムは人によって違いますもの。
    子供と朝から晩までいたい母親もいれば、保育園のお迎えで愛おしく感じる
    母親もいますもの。家事、育児、仕事の両立が出来たカナリヤ様、尊敬します。

    人生って一生選択ですね。楽しみましょう!

    作者からの返信

    星都様

    温かいお言葉、ありがとうございます!
    逃げ恥、じゃないですが、それに似た選択をしてしまったことは間違いなくて

    いやあ、今回暗くて投稿していいか迷いました
    バカ家族エッセイなのに、マジじゃん、ってw
    でも、暗い面を一切書かないのは読み手の方にフェアじゃないかなと

    で、たまにこういうのがサンドしてあるといいかなって投稿しちゃいました
    卵サンドにいきなり入ってるサバの味噌煮的な

    懺悔エッセイに尊敬などというもったいないお言葉ですが、ありがたく頂きます


    カナリヤ

    2020年12月11日 11:54