災厄の夢 五夜

作者 武州青嵐(さくら青嵐)

71

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

またやってくれましたよ青嵐さんは。

ホラーなんですよ、ホラー。
何ていうんでしょうね、じっとりと怖い感じのホラーなんですよ。
不死身の猟奇殺人犯が出て来るとかね、ブラウン管からコンニチワする系の怨霊女子とかね、そういう感じではないんですけど、ひたひたと迫ってくる、不気味な何か、っていう。

殺人鬼にしろ、怨霊にしろ、相手がはっきりしていればまだ戦いようもあると思うんですけど、それがわからなければ、ただ怯えるしかないわけです。怖い、けど、どうして良いかわからない。その上、『何か』はどうやら一つだけではないようで、あっちにもあり、こっちにもあり……と主人公である小柴さん(私は姐さんと呼んでいます)を悩ませるわけです。

が!

いやぁもうこりゃあホラーだなぁ、って思っていたらですよ。
おやおやおやおやぁ?ってこいつぁラブの気配がするなぁ?ってね。
いや待て落ち着け。ラブったってお前、そんなのこのホラーを盛り上げるためのスパイス的なアレだろ?って油断してたらもう、いや親方、こいつぁ結構なラブです!親方!空からラブが!ってくらいのラブ。

もう私自身、この作品をどう推して良いのやら混乱してきました。それくらいのラブがホラーと並走して来るんですよ。えっ、これどっちが勝つの?ラブなの?ホラーなの?って。もうホラーとラブがゲシュタルト崩壊するレベル。

なんかもうさんざん荒ぶっちゃいましたけど、ただもうホラーはしっかり怖いですし、ラブはしっかりラブってます。どっちも美味しいです。ぜひ。

★★★ Excellent!!!

じわじわ忍び寄る怪異と、美味しいごはんが作れる謎の青年。

ホラー好きも、恋愛ものが好きな方におすすめの一作です。
二つの要素のハラハラドキドキが楽しめます!

すでに完結しているので、一気に読んでしまうことまちがいなし。

秋の夜長にいかがでしょうか?

★★★ Excellent!!!

女性向けラブコメ? いや、ホラー??

まあ、とにかく面白いです。ホラーの不気味さも十分楽しめるのですが、恋愛未満の微妙な関係や、仕事のあれこれ、人間関係のやっかいさ、キャラの立った同僚や友人などなど、ドキドキハラハラ、ニヤニヤが盛りだくさんです。

え、何が起こっているの! どうなっているの!!

主人公に次々巻き起こる厄介ごと。悪夢に体調不良に、理解のない上司によるストレス、何か裏がありそうな同居人。いったい何がどうなっているのか。

さすが書籍化作家さんだけあって、読者の興味を書き立てるのが上手い。
安心して楽しみましょう。ホラーはちょっと……という方も大丈夫です。読後は爽やかキュンキュンですから。

連載中はつづきが気になってたまらなかったのですが。

いまは完結済みです。一気読みできますよ。さあ、どうぞどうぞ!!

★★★ Excellent!!!

ジャンルはホラー。おまけにタイトルの禍々しさ。
でもそうじゃないんです。
最後まで読んで欲しいんです。
怪奇現象、ストーカー、職場の嫌な上司、嫌な男性の同僚。
主人公である小柴先生はなんでこれほどまでに、というくらいこれらに苦しめられます。

しかし楽しく読めます。
小柴の性格。
ザビエルという上司の存在。
柔道二段で居酒屋のオーナーで人情家で女装家で小柴先生の親友である清志郎。
何より料理上手でメモ魔で謎の男、真田。

小柴と真田の関係が一番の見どころです。
読後感は爽やかの一言!
タイトルとは裏腹に楽しくてスカッとする物語でした。

★★★ Excellent!!!

不登校専門の家教師をしている小柴。
友人・清志郎が経営する居酒屋で今夜も飲んでいた彼女の席へ突然入ってきたのは……。誰かに追われているらしいワケ有り男・真田。

しかも、ひょんなことから真田と数日の間、同居することになり……。

ヒロインである小柴より、女子力(?)が高い真田さん。正直、我が家にも来てほしいです(笑)

恋が始まるの? 始まらないの? とどきどきしますが、小柴さん、なかなか手強い!
それだけでなく、同時に小柴さんは仕事でも問題を抱えていて……。

恋にもホラーにもどきどきする巧みな展開。
いろいろなものがつながっていくラストまで、ぜひぜひお楽しみください!(≧▽≦)

★★★ Excellent!!!

居酒屋で、見知らぬ男から匿ってほしいと言われた小柴。
そんな男、真田のことを最初は訝しみますが、酒の上での失敗もあり、なんだかんだで彼をしばらく我が家に住まわせることに。

なにやら厄介事の予感が漂っていますが、彼女を悩ませているのはそれだけではありません。
仕事で不登校児対応の家庭教師をしているのですが、以前担当していたところの家族からの、必要以上の好意。こんな時頼るはずの上司はダメダメで、むしろ疲れとストレスを倍増させられるはめに。
さらに、現在派遣先の家はなんだか奇妙な雰囲気で、前任者は次々と辞めていき、家に帰ると毎晩毎晩悪夢に教われる。
なんだか書いていて、彼女の心と体が心配になってきました。

しかし、厄介事の一角と思われていた真田ですが、以外にも彼が来たことでプラスの面もありました。
彼の作るご飯は美味しいのです。弁当を含め毎日しっかり用意してくれて、栄養バランスも考えられて、なにより美味しいのです。美味しい、大事なことだこら二回言いました。
疲れた時、弱った時こそ、元気になるにはまず食事から。これで、真田本人とも良い雰囲気になれば、さらに心身ともに充実してくれるのですが……

トラブルまみれの毎日を送る小柴にとって、真田は更なるトラブルの種か? はたまた救世主となるのでしょうか?

★★★ Excellent!!!

人間関係に悩みながらも、家庭教師の仕事をこなしている女性、小柴はある日、行きつけの居酒屋で一人の男性と出会う。
彼の名は真田。たまたま話をして、ちょっと一緒に飲むだけのはずだったのに。ひょんな事からわけあって住む所がなかった彼を、数日家に泊めてあげることに。

ああ、なんでこんな見知らぬ男を泊めちゃうかなー、色々大変そう。なんて思うことなかれ。
几帳面で料理上手な真田のおかげで、小柴の胃袋は潤う潤う。不健康な食生活を繰り返すなんて、真田は許してくれないのでした。
真田、なんていい奴。数日泊めるだけじゃなくて、このままお嫁さんにしたい(!?)!

家庭教師として以前担当していた家の人からは何故か執拗に執着を持たれ、新しい子の担当になってからは何故か頻繁に悪夢を見るなど、やたらと悪い事ばかりだった小柴ですけど、世の中捨てたものではありません。

悪夢がなんだ。何かあったら真田に、守ってもらえー!
繰り返す見る夢に不気味さを感じるも、それに負けないくらいのキュンとドキドキが守ってくれる。そんな力強さのあるお話です。