ボウリング場に行かなくても死なない

作者 千石京二