オマケ(※閲覧注意! 漏らしても知らないよ☆)

 もうお分かりの方も多いとは思いますが。本編で語られた「真相」は――ウソです。意味が分からない人は、もう一度この話をよーく読んでみて下さい。


(※以下、ネタバレです。閲覧注意!)


































 行きは「杉谷(兄弟)・相馬・藤木・刈人(忌和)」のでしたが――帰りはになっています……あれ、おかしいですね? 一体どういうことなのでしょうか?


 結論。いなくなったのは刈人くんです。彼はゲームの「第一段階」で、扉を開けてしまいました――ルール違反を犯しましたので、この世から存在を抹消されたことになります。




・・・・・・・・




 では「俺」の前に現れた刈人くんは何者? というより、何故「俺」は刈人くんのことを思い出せなかったのでしょうか?


 そもそもこのゲーム、どうすれば刈人くんは生き残ることができたでしょうか。そしてその「方法」をのは? そしてメンバーがこの山小屋を訪れるを作ったのは誰? そのことに気づいたとき――自ずからこの物語の「真相」が見えてくるはずです。それではまたどこかでお会いしましょう。さようなら☆

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

何も起こらなかった山小屋の怪談 律角夢双 @rikkaku-muso

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画