何も起こらなかった山小屋の怪談

作者 律角夢双

すべてのエピソードへの応援コメント

  • オマケ(※閲覧注意! 漏らしても知らな…へのコメント

    意味がわかると系はあまり応募作品にはないので、私はこの形式好きですね。

  • カルト君の怖くない話☆へのコメント

    この作品秀逸ですね。なんとなく書籍に収録されそう。

    作者からの返信

    おお、読んでくださってありがとうございます!

    このタイプの作品は一応解答を提示しないといけないのがネックなんですよね……ネタばらしまで含めて作品内で完結するのが理想なんですけど、ちょいと今の私の筆力では難しいですね。修練あるのみですな!

    2020年11月27日 19:11

  • オマケ(※閲覧注意! 漏らしても知らな…へのコメント

    もちろん、作中で提示される真相はフェイクだと理解しております。
    ただ、その答えがすぐには浮かばず……。
    前回の二の舞になりそうで、猶予をいただく意を込めての感想となりました。
    さて、いただいた猶予を使って推理した結果――

    全然わかりませんでした!すみません!

    作者からの返信

    えーと、うん、ごめんなさい。アレですよ、私はどっか頭のネジが外れてる奴なんで……そういうことでご勘弁ください。読んでくださってありがとうございます。

    2020年10月18日 15:23

  • オマケ(※閲覧注意! 漏らしても知らな…へのコメント

    拙作を読んでいただきありがとうございます。
    あの卑怯者! 思わず心の中で叫んでしまいましたw
    あのひとは何故こんなことをと呪わずにはいられません。そして悪魔の呪いは5人の人間関係にどんな呪いを齎したのか。まだぐるぐると考えてますw

    作者からの返信

    こちらこそありがとうございます! 過分な評価をいただきまして恐悦至極です。「俺」を含む登場メンバーが結局どうなってしまったのかについては、皆さんの想像にお任せするという形になっておりますので、お好みの結末をどうぞ、ってな感じで☆

    2020年10月17日 18:42

  • カルト君の怖くない話☆へのコメント

    えっと、俺の名前は――古和岩 奈志!

    おもしろかったです。
    途中まで見事に誘導されました。

    作者からの返信

    おおっ、早速お読み下さりありがとうございます! えっと、俺の名前は――古和岩くんじゃ、ないかなぁ?

    怖くない話と銘打ってますけど、一応「怖い話」ですのであしからず。電咲様がこの話の核心に辿り着いておられれば良いのですが……確認しておきますが、作中で提示された「真相」は――ウソですよ? フフフ……(ゲス顔)

    2020年10月16日 22:13